『小川原脩』の展示会情報

没後20年 小川原脩展「私の中の原風景」

8/1 - 11/27

没後20年となる今年、当館のコレクションを支える代表作の数々とともに、小川原脩の画業を見渡します。

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

小川原脩』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『小川原脩』の展示会情報

小川原脩・谷口一芳 二人展「仲間たちへのオマージュ」

21/10/16 - 22/2/13

この倶知安の地で交流を深め、それぞれに動物たちへの想いを絵画へと込めた画家二人の作品をご覧いただきます。

開館20周年記念特別展『小川原脩の世界』

19/8/10 - 19/11/10

今回、当館が開館20周年を迎えるにあたり、当館以外の所蔵作品を中心とした特別展を開催し、普段は当館で触れることの出来ない作品、さらには一般には公開されていない作品も含め、小川原脩の新たな魅力をご紹介...

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

小川原脩セレクション「花と烏ー1940's」

19/4/20 - 19/7/7

本格的にシュルレアリスム芸術運動に身を投じた1940年代初頭から、戦争へと傾斜する時代を背景とした創作の変容が現れる激動の時期にクローズアップします。

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

武内コレクション・プラス展 『ちいさな犬の作品たち』

18/4/28 - 18/7/8

本展では当館が有するもうひとつのコレクションで、道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武内コレクション」をご紹介します。

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

小川原脩セレクション 根津夕景ー1930's

17/4/22 - 17/7/9

1930年代前半の美術学校時代の秀作では、「根津夕景(1932年)」が東京で活躍し始めた頃、大正リベラリズムの名残が色濃かった時代の空気感を捉えています。また、昨年修復が行われた「納屋(1933年)」を修復後...

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

第58回 麓彩会展

16/9/3 - 16/10/16

58回目を迎える本展では、北海道における美術の現況をもうかがい知ることのできる展覧会として、地域にゆかりが深く、かつ道内画壇を代表する作家13人の作品を小川原脩作品とともにご紹介します。

小川原脩のまなざし<顔>

15/12/19 - 16/2/14

70年代を中心とした動物たちの作品において、馬や犬が人以上に豊かな表情を見せています。「顔」をテーマに小川原作品を紹介します。

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館

第57回麓彩会展

15/9/5 - 15/10/18

57回目を数える今年も、個性豊かな作品が集まりました。

しりべしミュージアムロード共同展 道-On the Road- ~北海道遺産~

15/7/16 - 15/8/30

本展では、現在選定されている52件の中から、「スキーとニセコ連峰」、「積丹半島と神威岬」、「北海道の馬文化」、「アイヌ文様」をキーワードに、道民の「宝物」が後志の作家たちの作品にどのようにあらわされ...

マイ・コレクション展

15/3/28 - 15/4/22

2014年度に寄贈された小川原脩の新収蔵作品をご紹介いたします。

北海道 倶知安町小川原脩記念美術館