『高山辰雄』の展示会情報

展示会の情報が登録されていません。

高山辰雄』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『高山辰雄』の展示会情報

古川美術館 特別展「髙山辰雄 平松礼二 松村公嗣 ~文藝春秋表紙絵とその芸術」

19/10/19 - 19/12/8

本展では、『文藝春秋』の表紙絵という一年の流れの中で描いてきた作品をご紹介すると同時に、髙山辰雄、平松礼二、松村公嗣が、日本画家として表現してきた大作も同時に展覧します。

収蔵品展 日本画の秋・工芸の秋/寄贈30周年記念 吉沢三朗中国陶磁器コレクション展

19/8/31 - 19/10/14

佐久市立近代美術館の約3,400点の収蔵作品の中から、秋の風景・植物・動物をテーマに、日本画作品と工芸作品を展示します。「芸術の秋」に美術館で、当館が誇る名品の数々をお楽しみください。

光と影が語ったもの

19/7/6 - 19/9/23

メナード美術館の20世紀西洋絵画を中心とするコレクションを、いつもとは異なる視点でご覧いただく機会となっております。

版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン

19/4/9 - 19/6/23

資生堂アートハウスでは、日本人になじみの深い「版画」にテーマを絞り、作家においても技法においてもヴァリエーションに富んだ展覧会、「版画を楽しむ木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン」を開催いたし...

墨に五彩ありー水墨画の奥深さを見るー

18/5/29 - 18/7/22

本展では、横山大観や竹内栖鳳、髙山辰雄、加山又造など近代日本画壇で活躍した画家たちの水墨画の優品を、富山県水墨美術館のコレクションより選りすぐって展覧します。近代の画家たちによって深められた独創的...

人間・髙山辰雄展――森羅万象への道

18/4/14 - 18/6/17

本展は、大分県立美術館の所蔵作品を核とし、大分市美術館ならびに各所蔵者のご協力のもと、過去最大規模の約120点を集め、70余年にわたる髙山辰雄の画業を回顧します。

東京都 世田谷区世田谷美術館

万葉のセゾン(saison) ―奈良県立万葉文化館 季節のコレクション―

18/4/14 - 18/6/17

本展覧会では、「万葉日本画」コレクションのなかから、春夏秋冬それぞれの季節(セゾン)をテーマに描かれた作品をセレクトし、「万葉のセゾン」と題して折々の色が作り出す四季をご覧いただきます。本展覧会を...

水野コレクション「色の美術館-川合玉堂から高山辰雄まで-」

18/1/2 - 18/2/25

今回は、水野コレクションの中から日本画の"色"に注目します。草花や山々あるいは空や海といった自然が織りなす色、そして紅白、金銀、墨など日本古来の色など様々にテーマを設けて作品をご紹介。技法...

長野県 長野市水野美術館1

家族のかたち 髙山辰雄〈聖家族〉を中心として

17/12/13 - 18/1/28

吉野石膏コレクションより髙山辰雄の〈聖家族〉合計42点を中心として、収蔵品の中から「家族」をテーマに紹介する展覧会です。

山形県 山形市山形美術館

資生堂アートハウス名品展開館40周年記念 前期 日本画と漆芸を中心に

17/10/3 - 17/12/17

「資生堂アートハウス名品展」は、当館を永年に亘り支えてくださった皆様への感謝をこめて、これまでお客様からご好評を博した作品をできる限り採り上げながら、資生堂が1947年から断続的に開催している「椿会美...

特別企画展「富山県水墨美術館名品展 すみいろの世界 ―富岡鉄斎から加山又造まで」

17/4/22 - 17/5/28

本展は、同館の所蔵作品から、近現代の日本画の巨匠たちが描いた水墨表現の光る逸品およそ60点を2部構成でご紹介します。

水野コレクション「近代日本画の巨匠たち【同時開催】特集 没後10年 高山辰雄」

17/1/2 - 17/2/19

本展では、こうした"巨匠"と称される近代の日本画家たちの作品を、「日本美術院」、「美人画」のふたつのテーマでご紹介。あわせて新年を祝うおめでたい画題も特集します。

館蔵品展 意匠と形を楽しむ

16/7/2 - 16/9/19

本展では一つのデザインを異なる形や素材、技法の作品で比べてみました。

四季を彩る日本画の世界

16/4/12 - 16/7/3

収蔵品の中から風景画、花鳥画の名品を中心に展示する展覧会「四季を彩る日本画の世界」を開催いたします。

特集展示 「日本の美」

16/3/25 - 16/6/28

神宮美術館収蔵作品の中から我が国の風光明媚な風景や歴史上の人物を主題として制作された日本画・洋画・彫塑・工芸作品を公開。

師弟のきずな~髙山辰雄と上田勝也~

16/3/16 - 16/6/15

師弟の代表作をあわせて展示します。

神奈川県 箱根町成川美術館

人物を描く 展

15/9/16 - 15/12/15

現代日本画における多様な人物表現を堪能できる展覧会です。

ウッドワン名作選 後期 【本館】横山大観と昭和の五山を中心に 【新館】近代洋画展 ~東西の美~

15/7/15 - 15/8/30

後期展では、近代日本画の礎を築いた横山大観と、昭和の五山と称された東山魁夷、杉山寧、髙山辰雄、加山又造、平山郁夫を中心に、近現代の日本画の粋をご紹介します。

髙山辰雄《聖家族》と日本画五山展東山魁夷・杉山寧・髙山辰雄・加山又造・平山郁夫 ─吉野石膏コレクション─

15/7/23 - 15/8/23

吉野石膏コレクションによる“日本画五山”の魅力を紹介します。

芸術都市の水脈~田能村竹田からネオ・ダダまで~

15/4/16 - 15/7/5

本展では、コレクション展示室と企画展示室において、江戸後期の田能村竹田から戦後の前衛美術を代表するネオ・ダダに至るアヴァンギャルドの系譜を  当館のコレクション約350点により紹介します。

「はんが さまざま 館蔵版画名品展2015」

15/4/7 - 15/6/28

木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンなど、幅広いジャンルの作品を展覧します。

開館10周年記念 日展三山-東山魁夷・杉山寧・髙山辰雄-

15/4/17 - 15/5/31

本展では、戦後日本画を牽引し一世を風靡した東山魁夷、杉山寧、髙山辰雄による新しい美意識の原点を探ります。

水野コレクション「上村松園 生誕140年 きらめく女性たち」

15/3/7 - 15/4/19

日本画家たちが「女性美」を様々にとらえた、多彩な女性表現の数々をお楽しみください。

「愛しきものの情景 ~母子、子ども、少女~ 展」

14/10/9 - 14/12/23

画家たちが描いた我が子や家族の肖像のほか、身近な動物たちや画家がこよなく愛した故郷や旅先の情景など、「愛しきもの」が表された絵画や彫刻を中心に展覧します。

水野美術館所蔵 日本画の巨匠たち -横山大観から平山郁夫まで-

14/8/30 - 14/10/19

近現代の日本画壇を代表する画家たちの秀作を選りすぐりご紹介します。

現代日本画の最高峰・五山展~山本丘人、杉山寧、高山辰雄、加山又造、平山郁夫~

14/6/18 - 14/9/16

詩魂の画家・矢谷長治展、日本画の煌めき~富士を中心とした収蔵名作展~も開催。

挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち

14/7/5 - 14/8/24

新しい日本画の創造に静かに熱く取り組んだ画家たちの1950年代から1970年代の「現代の日本画」の代表作を集成する展覧会。

水野美術館所蔵 日本画の巨匠たち展

14/7/4 - 14/8/24

同館の選りすぐりの名品を通して、近代日本画の築き上げてきた美の粋を心ゆくまでお楽しみください。

大分市美術館展 伝統と革新と

14/5/3 - 14/6/1

幅広いコレクションを誇る大分市美術館の収蔵品の中から、重要文化財8点を含む珠玉の名品85点を紹介します。

アートハウスがみつけたコレクション 小村雪岱から青木野枝まで

14/1/15 - 14/3/30

本展は、地域に根ざしたアートハウスの歩みをご紹介するとともに、新春のひと時を清雅な美術品で楽しんでいただけるまたとない機会になることと存じます。

秋季特別展  蘭島閣美術館(広島県呉市)所蔵  −百花繚乱- 日本画 美の競演

13/10/4 - 13/12/1

日本画史上欠かすことのできない作家たちの珠玉の名品50点に、当館所蔵作品も加え、日本画美の系譜とその変遷をたどります。

文化勲章受章画伯による心の復興支援「五星山展」

13/10/12 - 13/11/17

時代・団体を超えて小さな田舎の美術館に集まった作品は、まさに日本人としての「絆」の象徴であり、日本国から最高の栄を浴された先生方のお作品を 一同に味わえるこの幸せは、被災された方々また多くの日本の方...

佐藤美術館所蔵 花鳥風月−花と緑の日本画展−

13/7/26 - 13/9/23

東京・佐藤美術館の所蔵作品を中心に、小倉遊亀、東山魁夷、高山辰雄など近現代を代表する日本画家たちが描いた約70点の秀作を通して日本人の自然観を探ります。

生誕100年記念 高山辰雄展「心の目で描け!」若き高山の挑戦

12/12/20 - 13/2/3

本展は、高山辰雄の生誕100年を記念して、大分県立芸術会館と大分市美術館が協力して開催する展覧会で、画業の前半期(1934〜1968)を大分市美術館(代表作約80点および関連資料)で、後半期を大分...

大分県 大分市大分市美術館

高山辰雄・奥田元宋ー文展から日展へー

12/12/1 - 13/1/27

本展では、家族の在り方から人間の本質に迫ろうとした《聖家族》(三番町小川美術館蔵)をはじめ哲学的なテーマに取り組んだ?山の作品、「元宋の赤」と称される赤色を用い、70歳を過ぎて挑んだ《奥入瀬(秋)》(...

松本市美術館開館10周年記念 館蔵作品セレクション展

12/11/23 - 13/1/20

さまざまな視点で選んだ作品群を、作品解説だけでなく、素材や技法についての解説や作家のことばなども交えてご紹介します。

鈴木コレクション −近代日本画展−

12/6/16 - 12/8/5

コレクションの作品は、日本的叙情を描いたものが多く、わが国の近代日本画を語る上で欠くことができない巨匠たちの作品を蒐集しています。

水野美術館所蔵華ひらく近代日本画 ―大観、春草から現代まで―

12/6/16 - 12/7/22

長野市にある日本画専門の美術館水野美術館のコレクションのなかから、横山大観の初期の代表作《無我》をはじめ、約60点の名品をご紹介します。

第三次椿会 再現展1

12/4/3 - 12/6/24

作品に通底する気品と優美、清冽さをご鑑賞いただくと同時に、資生堂が求めてきた美のイメージを感じていただければ幸いです。

今日の巨匠展〜日本画の高峰〜

12/3/14 - 12/6/12

当館所蔵の文化勲章受章作家や文化功労者そして日本芸術院会員の巨匠たちの作品を展観します。

『奥田元宋と戦後の日展日本画』

12/4/7 - 12/5/13

第二次大戦後の作品を中心とした46点の作品を紹介する。

収蔵作品展III 版画の魅力

11/12/17 - 12/2/26

本展覧会では、版画ならではの線や面の表現について、また複数枚刷ることができる魅力について、制作の過程を考えながら鑑賞を進めていきます。

P

Portrait-人物画展

11/9/3 - 11/12/18

私たちにとって一番身近である「人物」に焦点をあてご紹介したします。描かれた人物その人の個性から、衣装、生活など様々な情報を伝えてくれる人物画。平山郁夫がシルクロードで出会った人々を題材とした作品を...

古川美術館開館20周年記念 特別展「名品で彩る 古川美術館の20年」

11/10/15 - 11/12/18

古川美術館の名品と、これまでに特別展を開催してきた美術館にゆかりの深い現代作家をご紹介します。

富山県立近代美術館開館30周年記念東山魁夷 杉山寧 高山辰雄 日本画の巨匠三山展

11/9/3 - 11/10/16

画家の姓に「山」があることから、人々は親しみと尊敬の念をこめて三巨匠を「日展三山」と呼び、その画業を讃えました。本展覧会は、今も多くの人々に愛され続けている三山の名作の数々を一堂に紹介いたします。

【花のある情景 現代日本画の精華】

11/4/16 - 11/6/5

過ぎ行く季節の移り変わりになぞらえた期待と感傷、さまざまな思いが心象風景として織り込まれた、情趣あふれる日本画の名品をご覧ください。

雪月花・日本美の精華

10/12/15 - 11/3/15

日本画の代表的なモチーフである〈雪・月・花〉を各作家の代表作で見る豪華な展覧会です。

福田平八郎と高山辰雄  大分市美術館コレクション

11/1/8 - 11/3/6

本展では、近代の日本画のあゆみに光彩を放った2人の巨匠の足跡を大分市美術館の優れた約90点のコレクションによりたどるものです。

今日の巨匠展

10/7/16 - 10/10/13

山本丘人、加山又造、平山郁夫、東山魁夷、杉山寧、高山辰雄、堅山南風、前田青邨などの巨匠たちを中心とした、日本美の高峰を見わたすことのできる展覧会です。

水野美術館コレクションの名品より近代日本画 美の系譜

10/8/13 - 10/9/12

長野市の水野美術館所蔵の名品の中から、横山大観、菱田春草などの巨匠たち、美人画の上村松園や鏑木清方、戦後活躍した山辰雄、平山郁夫などの作品約60点を展示し、近代日本画の流れをご覧いただきます。

ポーラ美術館の日本画 杉山寧 晩年の大作《洸》を中心に

10/6/11 - 10/9/5

ポーラ美術館初の日本画展となる本展覧会では、収蔵作品の中から約120点を1期・2期に分け、当館の日本画コレクションを総覧いただきます。なかでも43点を数える杉山寧(1909-1993)の絵画コレクションは日本最大級...

ポーラ美術館の日本画 杉山寧 不朽の名作<水>を中心に 1期

10/3/13 - 10/6/8

ポーラ美術館初の日本画展となる本展覧会では、収蔵作品の中から約120点を1期・2期に分け、当館の日本画コレクションを総覧いただきます。

開館5周年記念企画展 『―人物画と風景画の巨匠―山辰雄と奥田元宋展』

10/4/2 - 10/5/9

人物画と風景画、ライフワークでもあるテーマを機軸に、巨匠たちの世界を紹介します。

初春・花・輝き展

09/12/16 - 10/4/14

初春にふさわしい花が百花繚乱と咲き誇る展覧会です。

ワインとアート   ――描かれた陶酔―――

09/8/1 - 10/3/31

本展はワインの官能的な酔いと美しい葡萄を描いたアートを中心にご覧いただきます。

日本画のモダニズムと現代 /自然、感動、躍動

09/12/19 - 10/3/7

本展覧会では、大正から昭和そして戦後へとめまぐるしく移り変わる時代に生きた個性派の作家たちが、光彩を放ちながら活気を取り戻していった日本画の軌跡を辿ろうとするものです。

没後10年記念 東山魁夷と昭和の日本画

09/12/5 - 10/1/31

本展では、当館が所蔵する19点の東山魁夷の作品に加え、魁夷とは東京美術学校時代の同級生だった橋本明治、加藤栄三、山田申吾の作品、そして昭和の画壇に話題を振りまいた未更会(みこうかい)メンバー〔森田沙...

花鳥風月 日本画の魅力

09/7/3 - 09/9/27

資生堂アートハウスでは収蔵する絵画の中から、風景や花鳥をテーマに日本人の自然観を表現した作品による展覧会、「花鳥風月 日本画の魅力」を開催いたします。

人物との語らい展

09/3/13 - 09/6/18

従来の美人画の形式にとらわれない、新しい表現に注目した展覧会です。特に歌舞伎の女形として最高の人気を誇る坂東玉三郎を描いた堀泰明制作の六曲一双の屏風は必見です。石本正、高山辰雄、平山郁夫、堀文子、...

【東山魁夷をめぐる日本藝術院の作家たち】

09/4/18 - 09/5/31

本展では、魁夷の受賞作「光昏」をはじめ、魁夷の恩師・結城素明、同級生・加藤栄三、山田申吾、同時代に活躍した高山辰雄、上村松篁など、藝術院賞受賞作家たち11名の色彩・造形感覚にあふれる作品14点を紹介し...

近代日本画 美の系譜 大観・春草から元宋・辰雄まで

09/3/6 - 09/4/12

 明治期、日本美術は大きな変革期を迎えます。明治維新による文明開化の波の中、絵画の世界にも西洋化の波が押し寄せました。この状況の中で、日本美術の衰退を危惧したフェノロサと岡倉天心を中心に、新しい日...

豊かな日本画の世界

09/3/14 - 09/4/8

富山県立近代美術館の日本画作品を中心に、富山県水墨美術館の所蔵作品をあわせ、風景、花鳥、人物など、描かれたテーマに着目し、画家の視点とその多彩な表現を紹介します。

生 ―歌会始御題によせて―

09/2/18 - 09/3/22

本展覧会では、「誕生」「生きる」「芽生え」をテーマの中心に、近現代の美術・工芸作品44点を展示します。生命誕生のよろこびや感動、それに寄せる祈り、人を愛することなど、それぞれの人生に想いを重ねてご...

松岡映丘とその一門 ― 山口蓬春・山本丘人・橋本明治・山辰雄 ―

09/1/6 - 09/3/1

本年度は、近代日本画の世界において、平安朝以来の「やまと絵」を復興させ発展させた日本画家・松岡映丘(まつおかえいきゅう・1881-1938)の没後70年にあたります。当館ではこの節目の年に、映丘とその門下生た...

開館10周年記念 山辰雄展

08/9/23 - 09/1/12

山辰雄画伯は、1912(明治45)年大分市に生まれました。東京美術学校在学中の1934(昭和9)年、第15回帝展に《湯泉》で初入選し、以後、新文展・日展・新日展・改組日展を中心に活躍し、1979(...

大分県 大分市大分市美術館
寿

寿齢礼讃 〜長寿の日本画家たち〜

08/9/6 - 08/11/30

自らが目指す芸術へのあくなき追求と、高い精神性がそうさせるのでしょうか。芸術家には長寿が目立ちますが、特に日本画家には、横山大観(没90歳)、鏑木(かぶらき)清方(きよかた)(没93歳)、山辰雄(没9...

フジヤマミュージアム開館5周年記念特別展示

08/9/4 - 08/11/30

この5年間の皆様への感謝の気持ちを込め、当館所蔵作品の中でも特に人気の高い作品ばかり約80点を選び、前期・後期の2回にわけて特別展を開催いたします。コレクションの代表である奥田元宋の「富嶽秋耀」をはじ...

山辰雄遺作展人間の風景

08/10/11 - 08/11/3

山辰雄は1912年(明治45)大分県大分市に生まれ、東京美術学校日本画科を卒業後、松岡映丘門下の山本丘人や杉山寧らが結成した研究団体「瑠爽画社」に参加して研鑽をつみ、師映丘没後は「一采社」を結成して、同年...

東京都 練馬区練馬区立美術館