『竹久夢二』の展示会情報

未開催

生誕140年 竹久夢二のすべて 画家は詩人でデザイナー

3/15 - 5/6

本展は、京都・嵐山にある福田美術館が所蔵し、生前の夢二と交流のあった下関の実業家・河村幸次郎氏(1901-1994)が収集したコレクションを12年ぶりに大規模に公開するものです。画家であり、詩人、デザイナーで...

富山県 高岡市高岡市美術館

特別企画展「竹久夢二・井上文太 時空を超えた愛と夢」

3/21 - 3/31

本館「黒船館」3階港屋サロンにて、画家の井上文太氏の作品展を1年にわたって開催します。(期間中作品の入れ替えあり)

竹久夢二美術館 夢二の旅路 画家の夢・旅人のまなざし

1/5 - 3/31

本展では、旅に憧れを抱いた少年時代の思い出から、長年願い続けた外遊まで、夢二の旅の軌跡をご紹介します。

「あなたが作る物語」展~えてかってな妄想でえいがやき~

12/20 - 2/25

作家の手を離れた作品は見る人の無限の解釈に開かれています。答えが一つではないからこそ広がる想像があります。鑑賞者の自由な発想が重なり作品の見方もますます変わっていきます。

竹久夢二』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『竹久夢二』の展示会情報

企画展「生誕140年 竹久夢二のすべて」

23/11/11 - 24/1/14

「宵待草」や「夢二式美人」で知られる竹久夢二(1884-1934)の生誕140年、没後90年を記念して夢二と交友した河村幸次郎旧蔵で、京都、福田美術館所蔵「旧河村コレクション」約200点を12年ぶりにまとめて公開し、夢...

群馬県 高崎市高崎市美術館

「竹久夢二と榛名ー理想郷を求めた夢二ー」

23/9/12 - 23/12/3

群馬県以外では初公開となるこれらの貴重な作品と資料をふるさと岡山で特別公開し、夢二郷土美術館の所蔵作品とともに夢二の知られざる晩年の創作の日々と人々との交流を紐解きます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二展~憧れの欧米への旅~

23/9/23 - 23/11/19

本展は、日本有数の夢二コレクターである中右瑛(なかう えい)氏の所蔵品の中から、雑誌の口絵や挿絵に加え、貴重な滞欧、滞米時のスケッチや肉筆画を多数紹介。哀愁とロマンあふれる世界をお楽しみください。

北海道 旭川市北海道立旭川美術館1

特別展「関東大震災から100年特別展 震災スケッチ~夢二が伝えたかったこと~」

23/7/15 - 23/10/15

震災から100年目を迎える今年、改めて夢二が何を伝えようとしていたのか、夢二の『震災スケッチ』から迫ります。

竹久夢二美術館 夢二が見つめた1920年代 -震災からモダンガールの表現まで-

23/7/1 - 23/9/24

本展では、1923年に発生し自身も被災者となった、関東大震災にまつわるスケッチとエッセイをはじめ、1924年創刊の雑誌『婦人グラフ』で描き表したモダンガールを中心に紹介、さらに商業デザインにみるアールデコ...

K

Kosei Komatsu Exhibition 光と影のモビール 現象する歌

23/7/7 - 23/9/10

朝日町立ふるさと美術館移転開館記念 館蔵品企画展 竹久夢二展(前・後期) -夢二式美人を中心に-

竹久夢二-大正ロマンに魅せられて-

23/6/11 - 23/8/13

今回の展覧会では肉筆作品をはじめセノオ楽譜・書簡・著作本・絵葉書・雑誌の挿絵・ポスターまで、夢二が手掛けた幅広い画業に光を当てました。ぜひこの機会に真の夢二像に触れていただければ幸いです。

静岡県 浜松市平野美術館

特別展「近代美人画 百花繚乱 -松園、清方、深水、夢二- 培広庵コレクションを中心に」

23/4/8 - 23/6/4

当館では1995年に開催した福冨太郎コレクションによる「明治・大正・昭和 近代美人画名作展」からおよそ28年ぶりの「美人画」展となります。選りすぐりの約90点により、華麗で優美な世界をお楽しみいただきます。

企画展「夢二と舞台芸術」

23/3/7 - 23/6/4

華やかな舞台上だけでなく、楽屋での様子や練習風景、観客たちの姿もとらえて画題とした夢二による大正浪漫の気風漂う舞台芸術の世界をご堪能ください。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

異空間の同時代展 ~世の中つながっちゅうぜよ~

23/1/18 - 23/4/2

遠く離れた場所で時を同じくして描かれた絵画、時代が芸術を作り、芸術がまた時代を作っていきます。不思議なめぐりあわせでここ中土佐にある同時代同年生まれの作品を展示します。

心はずむ図案と挿絵

22/12/10 - 23/3/31

本企画展では夢二の手による心はずむ図案と挿絵の妙を展示いたします。

竹久夢二美術館 夢二が描いた 心ときめく花と暮らし

23/1/6 - 23/3/26

本展では、花をテーマにした夢二作品に加え、明治後期~昭和初期の雑誌より、花を楽しむ文化を展示紹介します。

夢二の描くあのひとこのひと

22/6/1 - 22/11/20

本企画展では、当館所蔵の掛け軸・セノオ楽譜・婦人グラフなどから、多岐にわたる夢二の美人画とその筆致をご紹介いたします。描かれた人物に向けられた夢二の優しい眼差しを、作品をとおして心ゆくまで感じてく...

竹久夢二美術館 夢二好みの君が行く! 夢二式美人のひみつ

22/6/4 - 22/9/25

後に夢二が名声を得るにつれ「夢二式」の意味も転じたと考えられますが、本展では夢二式美人の成り立ちを追いかけるとともに、大衆の心を掴んだ独特の表現に注目し、生涯を通して女性の美を探した夢二の理想に迫...

竹久夢二×マツオヒロミ ♥トキメキの大正浪漫♥/ー時間旅行ー

22/7/6 - 22/9/25

本館ではマツオヒロミが選んだ夢二作品を多数展示し、マツオ氏の視点から紹介する夢二の魅力をお楽しみいただきます。

竹久夢二展 ~憧れの欧米への旅~

22/8/6 - 22/9/4

本展では、日本有数の夢二コレクターである中右瑛(なかうえい)氏の貴重な所蔵品の中から、肉筆画や版画、デッサンのほか、夢二最後の旅である滞欧・滞米時のスケッチなどを特別公開。哀愁とロマンあふれる夢二...

石川県 金沢市石川県立美術館

コレクター福富太郎の眼:昭和のキャバレー王が愛した絵画

22/7/15 - 22/9/4

本展は、作品を追い求めた福富太郎の眼に焦点をあて、その類い稀なるコレクションの全貌を紹介する初めての機会となります。

竹久夢二×水戸岡鋭治 PartⅢ―2022(にゃん・にゃん・にゃん)はねこいっぱい―

22/3/8 - 22/7/3

2022年(にゃん・にゃん・にゃん)にちなみ、夢二が「ねこ」を描いた作品や夢二郷土美術館のお庭番頭ねこ「黑の助」のマスコット、新たに本企画展のために制作した新作「夢二のねこ×水戸岡鋭治」34点などねこいっ...

「春色爛漫 花の宴 培広庵コレクション ザ美人画」

22/4/28 - 22/6/12

巨匠と名高い上村松園をはじめとして、女性ならではの観点で描く作品の数々からは、画家たちの美への探求がうかがわれます。このほか渡辺省亭、鏑木清方、竹久夢二など華やかな美人画の世界をご堪能いただきます。

竹久夢二美術館 夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―

22/1/29 - 22/5/29

本展では、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二の芸術と自由恋愛をクローズアップしながら、同時期に花開いた抒情画、芸能、おしゃれ、文化生活を紹介します。

大正ロマンの画家 小林かいち&竹久夢二 -謎多き幻の画家 小林かいちを中心に-

22/2/21 - 22/3/21

本展では、保科美術館(群馬県)から小林かいちの絵葉書・絵封筒約100点の作品、また竹久夢二の作品は日光竹久夢二美術館などから木版画、日本画、水彩画、装幀など約150点を展示します。

開館40周年記念 夢二の子供絵夢のふるさとで遊ぶこどもたち

21/12/1 - 22/3/20

子供絵を通して夢二が描いた理想のふるさとに思いを馳せます。

開館40周年記念 夢二のデザインのすべてⅡ生活と美術をむすぶ夢二の浴衣と半襟

21/9/1 - 21/11/20

開館40周年記念企画展の第2弾として、浴衣や半襟のデザイン原画を展示いたします。

「ユメジスタイル」

21/6/8 - 21/9/5

本展では生活に彩りを添えた夢二デザインの数々や人々の「暮らし」を描いた肉筆作品をはじめ、夢二がデザインした封筒やポチ袋を成形する前段階にあたる木版画刷りの「刷本」の展示をお楽しみいただきます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二美術館 夢二デザイン1910-1930  ー千代紙から、銀座千疋屋の図案までー

21/2/11 - 21/6/6

本展では、1910年から1930年の間に夢二が手掛けた千代紙、絵封筒、雑誌表紙、楽譜表紙、本の装幀、双六、銀座千疋屋のための図案、ポスター、レタリング等を展示紹介し、グラフィックデザイナーの先駆けともいえ...

夢二の子供絵展 —少年の日の物語―

20/12/1 - 21/3/20

こどもの目線にたって優しく語りかけるように描かれた作品は、多くのこどもたちの心に寄り添い夢の世界を見せてくれたのです。懐かしい「子供絵」の数々をお楽しみください。

「夢二のつむいだ言の葉」

20/9/1 - 20/12/6

本展では当館の珠玉のコレクションから詩を書くように描いた絵画、版画、デザイン、楽譜の数々を言葉とともに展観し、詩人画家・竹久夢二のつむいだ「言の葉」の世界をご覧いただきます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

夢二・小粋な版画展

20/9/1 - 20/11/20

特別企画展「乙女のモダンデザイン~大正イマジュリィの世界~」

20/10/2 - 20/11/15

当時の人々を魅了し日常に美を添えたイマジュリィの数々は、現代の私たちの身近に溢れているデザインやイラストレーションの原点といえます。モダンでユニーク、お洒落で可愛らしい、約100年経った今なお色褪せな...

竹久夢二美術館 夢二に学ぶ、恋のいろは ― 失恋体験から、モテ仕草まで ―

20/7/1 - 20/10/25

本展では、夢二が考える理想の女性像や男女関係、また恋人たちを振り返りながら、恋愛に絡めて表現した絵画や詩歌、また写真資料等を展示します。さらに夢二友人・知人の恋愛事情にも迫り、100年前の恋愛観を考察...

「KIMONO BEAUTY of 夢二」

20/6/16 - 20/8/30

本展では夢二が描いた「キモノ」に着目し、代表的な美人画に描かれた装いを夢二生誕130年の記念に「千總」の手描き京友禅で忠実に再現されたきものを3点作品とともに展示いたします。夢二が表現した「キモノの美...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

浴衣・半襟展 -ときめきの夢二デザイン-

20/6/1 - 20/8/20

展示では当館で所蔵する浴衣・半襟のデザイン原画と港屋で販売された当時の品々をご紹介いたします。

YUMEJI 抒情の線

20/3/10 - 20/6/14

本展では初公開となる10点を含めた多数のスケッチなど、夢二式美人創成期の若さあふれる表現から円熟期にいたってもなお新しい表現を追求した気迫のこもった描線まで、夢二の“線”に注目してご覧いただきます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二美術館 はいからモダン袴スタイル展 ―「女袴」の近代、そして現代 ―

20/1/7 - 20/3/29

和装から洋装へ移り行くはざまの短い期間に花開いた袴姿を、竹久夢二や高畠華宵が描いた絵、当時の雑誌、写真などの資料、さらに袴実物もまじえて展示し、その魅力や意義に迫ります。

竹久夢二美術館 レトロかわいい ♡ 楽譜表紙イラストレーションズ -夢二が描く大正ロマンの音楽イメージー

19/10/4 - 19/12/25

本展では夢二が繰り広げた楽譜表紙絵の世界と、大正期の音楽事情を紹介します。

生誕135年 夢二生家の秋

19/9/3 - 19/12/1

企画展「夢二生家の秋」では歴史学者の磯田道史氏愛蔵で当館初公開の《夏柳》、特別展示《故郷の秋》など、当館所蔵の選りすぐりの作品をゆっくりとご覧いただき、夢二芸術の原点を体感できます。夢二のふるさと...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

~憧れの欧米への旅~竹久夢二展

19/7/18 - 19/8/25

山口県 周南市周南市美術博物館

竹久夢二美術館 竹久夢二という生き方  -明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト -

19/4/4 - 19/6/30

本展では、明治・大正・昭和にわたる、ロマンに満ちた夢二の生き方と芸術を紹介し、さらに夢二をめぐる平成年間の動向も振り返り、その魅力を深く追求します。

N

NIPPON 夢二旅情

19/3/19 - 19/6/9

本展では、夢二が描いた日本の旅情をテーマに、各地の風景やそこに暮らす人々の姿を描いた作品をご紹介いたします。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

特別展「近代美人画の精華ー培広庵コレクションによるー」

19/3/9 - 19/5/6

本展覧会では、コレクターとして著名な培広庵所蔵の近年発見された竹久夢二の《投扇興》をはじめ、上村松園、堂本印象といった大正・昭和に活躍された日本を代表する作家の美人画と万葉文化館所蔵の「万葉日本画...

竹久夢二美術館 竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―

19/1/3 - 19/3/31

本展では、鏑木清方・北野恒富といった弥生美術館所蔵の美人画作品や、当時の写真・雑誌記事などの「美人」にまつわる資料もあわせて展示いたします。

長田幹雄コレクションスケッチブック展

18/12/1 - 19/3/20

400冊以上残されたスケッチブックの中から、厳選して約50点を展示いたします。

ARTとEAT 食にまつわる美術のはなし

19/1/2 - 19/3/17

本展では、「食」を描いた作品のイメージの意味を探ります。企画展示館一階では「食」や、その周縁にまつわる絵画を、二階では北大路魯山人を中心に、「食」を彩る器を展示致します。

松田基コレクションⅧ 夢二名品展・特別展示〈祈り〉

18/12/18 - 19/3/17

夢二郷土美術館の創設者で初代館長を務めた松田基の蒐集した作品より夢二作品の名品とあわせて「祈り」をテーマに夢二以外のコレクション作品を特別公開し、村上華岳・棟方志功などの作品を展示いたします。

竹久夢二美術館 明治150年記念Ⅱ  明治時代に登場!麗しき絵葉書の世界            ~アールヌーヴォー美人から、レトロ風景まで~

18/9/29 - 18/12/24

本展では知られざる魅力に溢れた明治時代の絵葉書を紹介し、この時期特有の世相や流行にも注目していきます。

企画展「夢二式美人」

18/9/26 - 18/12/16

秋の特別展示として、夢二の中期の代表的な大作屏風《秋のいこい》、晩年外遊で新しい表現に挑戦する中、ロサンゼルスで外国人裸婦を意欲的に描き「幻の油彩画」と称された貴重な油彩《西海岸の裸婦》を特別に公...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

椿絵名品展「つばき咲く」―光琳、大観、夢二など―

18/10/26 - 18/12/9

本展では、椿絵のコレクションで知られるあいおいニッセイ同和損害保険の収蔵作品から、近世から現代までの日本画、洋画、工芸における椿絵の名品約80点を展示します。

長田幹雄コレクション著書・装幀展

18/9/1 - 18/11/20

夢二が手掛けた装幀本や、自ら書いた小説、絵本、詩集、画集など、本に関わる仕事を紹介。

描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢

18/9/13 - 18/11/7

それぞれの作品から女性像の魅力を感じて頂ければ幸いです。

竹久夢二美術館 明治150年記念Ⅰ 明治の夢二

18/7/1 - 18/9/24

本展覧会では、誕生からデビュー、人気挿絵画家となるまで、明治時代の竹久夢二に焦点をあてご紹介いたします。

K

KAWAIIのはじまり

18/6/26 - 18/9/24

夢二の生み出す女性像、ファッション、デザイン、こどもたちや生き物たち…竹久夢二の「かわいい」がたくさん詰まった展示をお楽しみください。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

開館30周年記念 近代美人画 ~描かれた女性たちに託された秘密~

18/7/7 - 18/9/2

本展は、明治から平成に至る作品を取り上げます。まず、浮世絵の伝統を継承した鏑木清方・富岡永洗・梶田半古らの挿絵の世界をご紹介いたします。

招き猫亭コレクション 猫まみれ展 古今東西 和洋折衷 みんなで一緒にまみれよう

18/7/14 - 18/9/2

古今東西・和洋折衷、今ここでしか見ることのできない唯一無二の別世界ならぬ猫世界、この夏休みに、当館にてぜひご鑑賞ください。

竹久夢二展

18/6/16 - 18/8/26

本展は、グラフィックデザイナーとしての夢二の仕事にスポットをあてるとともに、肉筆画、婦人グラフ表紙、装幀・挿絵、童画、セノオ楽譜、夢二が撮影した写真、関東大震災を取材した画文集など、多角的に夢二芸...

長野県 小海町小海町高原美術館

長田幹雄コレクションデザイン画展

18/6/1 - 18/8/20

「港屋絵草紙店」で販売されていた便箋や封筒、ポチ袋、浴衣・半襟の図案原画を展示いたします。

大正ロマン昭和モダン展―竹久夢二・高畠華宵とその時代―

18/4/21 - 18/7/1

本展では、竹久夢二・高畠華宵を中心に、蕗谷虹児、岩田専太郎、中原淳一、鏑木清方、伊東深水、橋口五葉など大正から昭和にかけて活躍した画家たちの日本画、版画、挿絵原画、絵葉書、楽譜、装丁本などの作品約2...

アートになった猫たち展

18/5/11 - 18/7/1

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では現代アートから近代絵画、江戸の浮世絵、海外作家にいたるまで幅広くアートに登場する猫たちを紹介し、猫と人間との深い関わりを探ります。

竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン―

18/3/29 - 18/6/24

本展では港屋絵草紙店で人気を誇った千代紙をはじめ、着物小物、絵葉書、装幀本など暮らしの中で花開いた、小さくてかわいい夢二図案&装飾の数々を紹介します。

企画展「ノスタルジア」

18/3/21 - 18/6/24

このたび、歴史学者の磯田道史氏愛蔵の竹久夢二作品《少年の図》を特別公開し、大正ロマンただよう肉筆作品を中心に、雑誌、楽譜などもあわせて展観いたします。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

倍広庵コレクション 華麗なる美人画展ー上村松園、伊東深水、竹久夢二、そして佐藤公紀ー

18/4/28 - 18/5/27

本展では、巨匠と謳われた上村松園、鏑木清方、伊東深水をはじめ、松園に続き女性画家として活躍した島成園、池田蕉園らによる作品、東北では初公開となる竹久夢二の《投扇興》のほか、酒田(旧松山町)出身であ...

子ども絵展 新収蔵品「コドモアサヒ」公開

18/4/1 - 18/5/20

今回の企画展では、新収蔵品のうち夢二が手掛けた挿絵18点を初公開。その他、子ども向け雑誌の挿絵やその原画を展示いたします。

竹久夢二美術館 竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

18/1/3 - 18/3/25

本展覧会では、夢二の仕事の主軸ともいえる雑誌を中心に作品をご紹介いたします。夢二を通し、今改めて時代を映し出す雑誌の魅力に触れてみませんか。

リニューアルオープン記念展 THE 夢二郷土美術館 COLLECTION

17/12/19 - 18/3/18

リニューアルオープンを記念して、夢二郷土美術館が誇るコレクションの中から竹久夢二の代表作《立田姫》、《西海岸の裸婦》をはじめとした厳選した館蔵名品を一同に公開いたします。また、第6期こども学芸員が選...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

長田幹雄の夢二コレクション 版画展

17/11/1 - 18/1/20

一枚物の芝居絵をはじめ、本の挿絵、封筒、便箋など、幅広い版画作品を公開します。

竹久夢二美術館 竹久夢二 心に残る風景を探して ―自然、旅、東京の景色を描く―

17/9/29 - 17/12/24

本展では、夢二の眼と心を通して表現された風景の世界を、日本画・水彩画・スケッチ、自身が表紙絵を飾った雑誌や楽譜を中心に紹介します。

企画展「幻の夢二の油彩画《西海岸の裸婦》修復後初公開!!」

17/9/16 - 17/12/17

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

猫まみれ展

17/8/29 - 17/10/28

全国各地で話題沸騰の「猫まみれ展」が旭川にやってきます!と猫の作品を愛する謎のコレクター、招き猫亭が約40年にわたって集めてきた油彩画、日本画、版画、浮世絵、彫刻、陶磁など約300点がずらりと勢ぞろい。

長田幹雄の夢二コレクション 著書展

17/9/1 - 17/10/20

夢二の画集や詩集、歌集などを紹介。その他、装幀原画を公開します。

竹久夢二美術館 竹久夢二 モチーフ図鑑 ―夢二さんの好きなもの―

17/7/1 - 17/9/24

本展では、夢二が繰り返しとりあげたモチーフに着目し、彼の作品世界をご紹介いたします。

「LOVE♥夢二」

17/6/27 - 17/9/10

「LOVE」をキーワードに、画家、詩人、デザイナーとして明治末から現代まで多くの人々を魅了してやまない竹久夢二の作品が、どのように愛されてきたのかご紹介しながらその魅力をひも解きます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

アートになった猫たち

17/7/1 - 17/9/3

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では近代現代絵画や海外作家から江戸の浮世絵まで遡って作品を展観し、人々を惹きつけてやまない猫たちの魅力と人間との深い関わりをご紹介します。

長田幹雄の夢二コレクション 「浴衣・半襟展」

17/6/1 - 17/8/20

浴衣や半襟のデザイン原画を公開します。

描かれた大正モダン・キッズ婦人之友社『子供之友』原画展

17/6/22 - 17/7/30

本展では、北澤楽天、竹久夢二、武井武雄、村山知義を中心に、最終号を飾った深沢紅子にいたる数々の 画家たちの原画155点を一堂に展示し、その芸術性とともに、絵雑誌という子どもに向けた美術の世界を紹 介する...

夢二ロマン神戸憧憬と欧米への旅

17/4/15 - 17/6/25

本展では、夢二の愛らしい舞妓姿の美人画、屏風絵、オリジナルの港屋版画をはじめ、特別出品の「滞欧米の素描作品」等約200点を出展いたします。

竹久夢二美術館 夢二が描く大正ファッション ~大和撫子からモダンガールまで~

17/4/1 - 17/6/25

本展では100年前に夢二が描いたファッションを紹介し、現代においても共感できる、大正のカワイイとおしゃれを考察していきます。

企画展「夢二のねこと黑の助展-竹久夢二×水戸岡鋭治 PartⅡ-」

17/3/24 - 17/6/25

笠間日動美術館名品選 絵画に咲く女性たち

17/3/23 - 17/6/11

笠間日動美術館の絵画コレクションの中から、女性をモティーフとする作品約70点を精選して展覧します。

長田幹雄の夢二コレクション 絵はがきと挿絵展

17/4/1 - 17/5/20

8年間にわたり毎月発売され、当時人気を博した「月刊夢二エハガキ」。 その貴重な原画を一部公開するほか、雑誌の挿絵の原画も展示。

招き猫亭コレクション 猫まみれ 展

17/3/18 - 17/5/7

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

夢二と京都の日本画

17/2/18 - 17/3/26

京都に夢二が滞在したことに注目し、夢二の作品と資料約80点に京都の日本画約40点を合わせた約120点を一堂にご紹介します。夢二の京都滞在からちょうど100年を経た節目に、画壇とは異なる活躍の場を求めた夢二と...

静岡県 静岡市静岡市美術館

竹久夢二美術館 竹久夢二の春・夏・秋・冬 ―四季の抒情 夢二絵ごよみ―

17/1/3 - 17/3/26

本展では季節の風物が描かれた日本画や挿絵、四季の詩情をうたった詩や短歌など、春夏秋冬それぞれの情趣が表現された作品をご紹介いたします。

企画展「創設50周年 松田基コレクション こども学芸員が選ぶ夢二名品展 特別公開 備前焼の美」

16/12/20 - 17/3/20

内外の芸術に広く関心を持った松田は、郷土の作家、芸術について特に集中して蒐集を行いました。130点を超える備前焼のコレクションから初公開作品を含む名品を展観します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二展大正ロマンの香り

16/10/29 - 17/1/15

夢二の肉筆画、版画、デザインなどの作品約80点を展示します。

静岡県 磐田市磐田市香りの博物館

竹久夢二美術館 竹久夢二 本からはじまるメッセージ展 ~ブックデザイナー&詩人の顔に迫る~

16/9/30 - 16/12/25

本展ではブックデザイナー、そして詩人としての夢二に注目し、本を通じて夢二が表現した美の世界とメッセージに迫ります。

版画展

16/10/1 - 16/12/20

「小春」「治兵衛」をはじめとする芝居絵など、味わい深い一枚ものの版画、全所蔵品を公開いたします。

企画展「創設50周年 夢二が見た夢 Deja-vu  ―竹久夢二×細見博子―」

16/10/19 - 16/12/18

図らずしも、時代を見てしまう/見えてしまう、直観ともいうべき心の目を持ったことに意識的であった2種の才能。それぞれにゆかりを持った地・岡山に空間を得て、時を超え、2つの目と作品群が交錯する濃密な空間...

知られざるプライベートコレクションジャパン・ビューティー ―描かれた日本美人―

16/10/27 - 16/12/11

上村松園、伊東深水、竹久夢二から幻の作家まで、普段は公開されることのない多彩な名作から、明治・大正・昭和初期の美人画に託された理想美に迫ります。

美人画の系譜 培広庵コレクション展 ~美人画総選挙 松園、清方、深水から華岳まで100人の美女たち~

16/9/10 - 16/11/6

本展では、日本有数の美人画コレクター・培広庵のコレクションを中心に、明治・大正・昭和の三代に渡り花開いた美人画をご紹介します。

「創設50周年記念 初公開 幻の夢二の油彩画《西海岸の裸婦》アメリカから里帰り」

16/7/5 - 16/10/16

夢二が新天地で挑戦した新たな画境とは。理想の女性像を描き続けた夢二の新境地をご覧くださいませ。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

乙女デザイン―大正イマジュリィの世界

16/7/16 - 16/9/25

本展ではアール・ヌーヴォー様式の橋口五葉、アール・デコ様式の杉浦非水、竹久夢二の少女趣味の世界、さらに女学生の間で流行したお手紙道具にみられる当時の少女文化にも注目します。

竹久夢二美術館 竹久夢二とモダン都市東京 展 ―夢二のいた街、描いた街―

16/7/1 - 16/9/25

本展では東京にまつわる夢二の作品を展示するとともに、当時の東京の様子を伝える資料も併せてご紹介いたします。

デザイン展

16/7/1 - 16/9/20

デザインの分野でも才能をいかんなく発揮。おしゃれでモダンな図案は、当時の女性たちから多くの支持を集めました。

竹久夢二展〜大正ロマン・時代を彩った女性たち〜

16/7/16 - 16/8/28

肉筆画をはじめ、欧米滞在中に残されたスケッチ、オリジナルの港屋版画などの貴重な作品を中心に、夢二の多彩な芸術世界の一端をご紹介します。

福井県 福井市福井市美術館

「創設50周年 郷愁の想い ふるさと岡山を愛した夢二」

16/3/15 - 16/7/3

夢二の幼少時代の様子を振り返りつつ、作品の底に流れる郷愁の想いを感じて頂きます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二美術館100年前に夢二が発信❤ 大正時代の「かわいい」展 ~乙女がときめくデザイン&イラストを中心に~

16/3/31 - 16/6/26

本展では今から100年前に夢二が発信した「かわいい」を集めて広く展示紹介するとともに、大正時代を中心に夢二が展開した「かわいい」の役割についても考察していきます。

素描展III

16/4/1 - 16/6/20

一瞬一瞬が丁寧に切り取られたスケッチから、本質を描写しようとした夢二の真摯な姿が窺えます。

描かれた大正モダン・キッズ—婦人之友社『子供之友』原画展—

16/2/20 - 16/3/27

数々の画家たちが『子供之友』のために描いた原画150余点を一堂に展示し、その芸術性とともに、絵雑誌における子どもに向けた美術の世界を紹介するものです。

竹久夢二美術館 夢二をめぐる人々 ―家族・友人・恋人… 大正浪漫交遊録―

16/1/3 - 16/3/27

本展では、夢二に関わる人々ゆかりの作品や資料を展示するとともに、大正期を中心に夢二の交友関係や時代のエピソードをご紹介いたします。

装幀本展

16/1/1 - 16/3/20

時の出版物のほか、貴重な装幀原画を展示いたします。

「松田基コレクション 夢二名品展 特別公開 国吉康雄」

15/12/15 - 16/3/13

当館では10年ぶりに、国吉の版画作品を中心としたコレクションをご紹介します。

描かれた女たち 女性像にみるフォルム/現実/夢

16/1/2 - 16/2/28

本展では日本洋画の近現代の作家たちが描いた女性像を通して、表現の多様性や美意識の変遷を探ります。

竹久夢二美術館 竹久夢二とアール・ヌーヴォー ~明治・大正の日常を彩った図案と装飾~

15/10/1 - 15/12/25

本展ではこれまで余り知られていない、夢二が表現した多彩なアール・ヌーヴォーの世界を紹介いたします。

楽譜展Ⅱ

15/10/1 - 15/12/20

セノオシリーズ、中山晋平シリーズなどの楽譜を展示。

ゆめじ×えいじ

15/9/8 - 15/12/13

岡山出身のデザイナーであり、両備グループデザイン顧問の水戸岡鋭治氏が発信する竹久夢二の魅力に焦点をあてます。

大正ロマン昭和モダン展ー竹久夢二 高畠華宵とその時代ー

15/10/3 - 15/11/23

山梨県 南アルプス市南アルプス市立美術館

竹久夢二来町100年記念 「夢二がみた富山」

15/9/16 - 15/10/12

100年の歳月を経ても色褪せることなく世の男女を魅惑の世界に引き込み続ける夢二の波乱万丈な生き様をこの機会に改めてご覧ください。

竹久夢二美術館 竹久夢二 モダン版画展 ―コマ絵からグラフィックデザインまで―

15/7/3 - 15/9/27

夢二の原点にして、その才能、魅力の真髄が詰まったモダンな版画の世界を、どうぞご覧ください。

浴衣・半襟展Ⅱ

15/7/1 - 15/9/20

平成26年度から開催している浴衣・半襟展の第2弾。前回と作品を入れ替え、それぞれ原画を公開いたします。

ユメジデザイン

15/6/16 - 15/9/6

夢二デザインによる千代紙や刷本等を多数展示します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

企画展 招き猫亭コレクション 猫まみれ

15/5/20 - 15/7/6

本展では、猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊...

憧憬・大正浪漫展

15/4/9 - 15/6/28

高知県 中土佐町中土佐町立美術館

竹久夢二美術館 竹久夢二 詩と絵のおくりもの ~大正ロマンを彩る詩人画家のメッセージ~

15/4/3 - 15/6/28

恋や人生をテーマにした詩画、少女や子供たちへのメッセージ、さらに社会や時代を鋭く見つめて紡ぎ上げた、言葉と絵画の世界をご紹介いたします。

夢二の素描展Ⅱ

15/4/1 - 15/6/20

真剣なまなざしで対象と向き合い、正確に描写しようとした夢二の真摯な姿が窺えます。

YUMEJI×KIMONO

15/3/17 - 15/6/14

今回は、昨2014年の夢二生誕130年記念に特別製作された、当館の代表作《立田姫》《秋のいこい》《加茂川》に描かれた装いを忠実に再現した着物3点((株)髙島屋蔵)を、元となった肉筆作品と同じ空間に並べて展示...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

春季企画展「大正ロマン昭和モダン展-竹久夢二と挿絵画家たち-」

15/4/25 - 15/6/7

この展覧会では、挿絵、版画、日本画、雑誌、楽譜など約250点を紹介しながら、当時の社会や文化を振り返ります。

竹久夢二美術館みなさま、ごきげんよう! 竹久夢二と乙女のハイカラらいふ展 ~大正時代の女学生・職業婦人・淑女たちの憧れ~

15/1/3 - 15/3/29

本展では夢二が残した雑誌口絵、デザイン、書籍装幀、文芸作品等を展観しながら、当時を生きた女性の暮らしぶりもご紹介します。

版画展

15/1/1 - 15/3/20

貴重な観賞用の一枚絵25点及び、挿絵・口絵などの版画を公開します。

松田基コレクション 夢二名品展 特別公開 民藝に関わった作家たち

14/12/9 - 15/3/15

竹久夢二(1884~1934)の名品と共に、民藝運動に関わった作家たちの作品を展観します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

ジャパン・ビューティー ―描かれた日本美人―

15/1/2 - 15/2/15

日本美術の重要な主題である女性美に焦点を当て、これまで知られていなかったプライベート・コレクションから、近代の代表的日本画家による美人画の名作を体系的に紹介します。

夢二からちひろへ―子どもの本の先駆者たち―

14/11/6 - 15/1/31

本展では、自らの芸術を子どもの本にかけた先駆者たち―竹久夢二、岡本帰一、清水良雄、武井武雄、初山滋、深澤省三、村山知義、茂田井武―の作品を展示します。

夢二美術館 生誕130年記念 再発見!竹久夢二の世界  【後期】ボヘミアン・夢二 ~大正ロマンの画家、知られざる素顔~

14/10/3 - 14/12/25

後期の展示では、約250点の夢二作品から、恋と旅を重ね、ボヘミアンとも呼べる生き様を通じて創作された多彩な画業をクローズアップします。

「愛しきものの情景 ~母子、子ども、少女~ 展」

14/10/9 - 14/12/23

画家たちが描いた我が子や家族の肖像のほか、身近な動物たちや画家がこよなく愛した故郷や旅先の情景など、「愛しきもの」が表された絵画や彫刻を中心に展覧します。

夢二生誕130年記念 part3 夢二の愛した日本

14/9/2 - 14/12/7

「夢二の愛した日本」をテーマに、夢二がこよなく愛した日本情緒あふれる作品群をご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二生誕130年記念大正ロマンの恋と文(ふみ) -髙相コレクションより-

14/8/30 - 14/10/19

本展覧会によって、生誕130年、没後80年を迎える竹久夢二の多彩な功績に華を添えられれば幸いです。

東郷青児 絵画と彫刻展

14/7/19 - 14/9/23

本展では東郷青児の初期の作品、代表的な美人画、そして晩年の彫刻作品までを紹介するとともに、東郷が絵画と彫刻それぞれを始めるにあたって多大な影響を受けた竹久夢二と淀井敏夫の二人の作品も併せて展示し、...

【サマ―企画】  アート・ワンダーランド2014 みつけよう きみのしらないころのこと ―明治、そして大正・昭和へ―  かんじて・さがして

14/7/15 - 14/9/23

本展では、大分市美術館の所蔵品の中から明治・大正・昭和初期の美術について分かりやすくご紹介します。また、小・中学生が自主的に鑑賞できるようにワークシートを用意しています。

大分県 大分市大分市美術館

夢二生誕130年記念 part2 夢二の愛した子どもたち

14/6/3 - 14/8/31

今回は夢二のふるさと・瀬戸内市の瀬戸内市立美術館のご協力で、初公開作品を含め2点の幼少時代を描いた作品を展示いたします。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

夢二からの贈り物  ―愛する人へ―

14/6/21 - 14/8/3

町制施行60周年、竹久夢二生誕130年を記念し、夢二からのメッセージ性が強い作品(モデルがわかる美人画・宛先がわかる手紙・書簡など)を中心に館蔵品をはじめ、他館から借用した名品などを含めて80点あまりを前...

竹久夢二美術館 竹久夢二 肉筆コレクション 展  -日本画・水彩画・ペン画・素描を中心に-

14/4/4 - 14/6/29

本展では、当館が所蔵する夢二の肉筆コレクションより、選りすぐりの200点を展示紹介します。

夢二郷土美術館本館開館30周年 夢二生誕130年記念 part1 夢二の愛した女たち

14/3/18 - 14/6/1

本展では、夢二の女性像の構成要素や変遷の様子をご覧頂き、その魅力にふれて頂きます。また、周囲の女性たちとの関わりについて、資料を交えてご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二展‐夢二が誘う大正ロマンの世界‐

14/4/25 - 14/5/25

秋田県 仙北市平福記念美術館

テーマ展示 竹久夢二と大正期の美術工芸

14/4/18 - 14/5/18

この展覧会では、当館が所蔵品から、竹久夢二の作品約30点を中心として、油彩、日本画、版画、工芸などの作品を展示します。

宮城県 仙台市宮城県美術館

竹久夢二美術館 夢二の子ども絵とすごろく展  −大正〜昭和初期の小さなワンダーランド−

14/1/3 - 14/3/30

本展では童画をはじめ、夢二が子どものために手がけた様々な仕事を紹介します。

松田基コレクション 夢二名品展 特別公開 福井良之助

13/12/10 - 14/3/16

本年は福井良之助(1923〜1986)の作品を特別公開すると同時に、夢二の作品を展観します。

竹久夢二と大正ロマン 竹久夢二美術館所蔵品を中心に同時開催 特集展示 金山平三と佐竹徳

13/10/10 - 13/12/8

本展は、夢二が恋人たちをモデルに描いた肉筆画に加え、絵はがきや表紙絵、絵付をほどこした陶磁器など、大衆と芸術の結びつきを目指した夢二の仕事を、東京・竹久夢二美術館所蔵品を中心に約160点で展覧します。

茨城県 笠間市笠間日動美術館

夢二、心の詩を描く

13/9/10 - 13/12/8

「宵待草」をはじめとした夢二作詩による「セノオ楽譜」計24点について、詩と装幀をあわせて展示します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

大正ロマン・昭和モダン 竹久夢二・高畠華宵とその時代

13/10/12 - 13/11/24

本展では,竹久夢二・高畠華宵を中心に蕗谷虹児,中原淳一,橘小夢,鏑木清方,伊東深水など大正から昭和初期に活躍した画家たちの日本画や版画,絵はがき,楽譜,装丁本など約250点を展示します。

竹久夢二美術館 竹久夢二  乙女のためのデザインワーク  〜大正のレトロ&かわいいを発見!〜

13/7/5 - 13/9/29

本展では、夢二が乙女のために手がけたデザインを中心にご紹介し、当時の乙女のたちの生活や文化も考察します。現代の“かわいい”文化にも繋がる、大正時代のレトロな世界をお楽しみ下さい。

大正百年の浪漫『夢二の夢』−竹久夢二の生涯−

13/8/3 - 13/9/23

この希代画家の存在価値をあらためてクローズアップしていきます。夢も恋も、インターネット上のバーチャルなものが氾濫する今日の文明社会に、そして私たちの心に、夢二の夢の痕跡はいったい何をつたえてくれる...

山形県 米沢市米沢市上杉博物館

生誕130 周年記念 竹久夢二展

13/8/3 - 13/9/16

本展は、2014年に生誕130周年をむかえる節目の年を記念して開催されます。北海道で初公開となる、日光竹久夢二美術館の肉筆画約30点を含め、婦人グラフ表紙、装幀・挿絵、童画、セノオ楽譜、写真、関東大震災を取...

北海道 釧路市釧路市立美術館

艸画って何だろう? 夢二の小いさな「版」の世界をみる

13/6/18 - 13/9/8

今回は、コマ絵を手はじめに、挿絵、装幀などといった印刷物の仕事から、彫師・摺師と協働して制作した手摺り木版画や紙小物まで、「版」を用いた仕事を広くご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

生誕130年 憧れの欧米への旅 竹久夢二展

13/7/13 - 13/9/1

本展では中右瑛氏のコレクションのなかから、晩年の欧米滞在中に残された貴重な作品群を中心に、夢二の多彩な芸術世界の一端をご紹介します。

館蔵品展 竹久夢二「小粋」展

13/6/22 - 13/7/15

現代のセンスにもどことなく通じる様な小気味よい美しさを兼ね備えた女性たちが描かれた作品を約30点展示いたします。

竹久夢二美術館 竹久夢二 美人画とモデル展    ―描かれた女性の謎とロマンスに迫る―

13/4/4 - 13/6/30

本展では、夢二が残した美人画、モデルになった女性たちをクローズアップすると共に、夢二の恋愛模様や理想とした女性像について紹介していきます。

はあとのかけら - 描き、語られた夢二の想い -

13/3/26 - 13/6/16

「人生と芸術」「男性と女性」「子どもと故郷(ふるさと)」という3つのテーマのもと、言葉と作品から人間「夢二」の姿に迫ります。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

“見知らぬ世界”を求めて 旅人・竹久夢二    ―旅、恋、異国への憧れ―

13/1/8 - 13/3/31

本展では、国内の旅で描き残した日本画とスケッチに加え、晩年に実現した外遊時の作品を紹介、また異国情緒溢れるデザイン作品にもスポットを当てます。さらに手紙や夢二の言葉にみる旅への想いから、芸術観・恋...

館蔵品企画展 朝日縁の文筆家たち −竹久夢二・井口文秀・舟川榮次郎・山根青鬼−

13/2/9 - 13/3/24

今回は、当館所蔵品を中心に、代表作の文庫本や原画を展示。また、手に取って読めるよう、出版された本や印刷したものを設置する。

松田基コレクション 夢二名品展 特別展示 北大路魯山人

12/12/11 - 13/3/24

彼らの作品は、「衣」「食」「住」、すなわち人の暮らしに美を求めた意識のあらわれといえるのではないでしょうか。今回は、魯山人の書画・陶芸作品に加え、書の名品《「いろは」金屏風》[岡山後楽園蔵・展示期...

雑誌にみる夢二の四季 冬

12/12/1 - 13/3/20

生涯にわたり1200冊以上の雑誌に関わった夢二。 そこに描かれた四季に焦点をあて、春夏秋冬の4期に分け展示。

「余白・空間・間の美」展

13/11/6 - 13/1/27

画面空間への様々な思いや解釈によって生み出されてきた絵画、横山大観や藤井勉など日本人独自の「間」への美意識を感じさせる近代の日本画、洋画を展示します。

夢二の素描展 植物と動物

12/10/1 - 12/12/31

夢二の残した膨大な素描・スケッチをジャンル別に4回に分け公開・今回初公開となる素描も多数展示します。

夢二と大正時代? グラフィック・アートにみる夢二モダン    ―大正13〜15年を中心に―

12/10/5 - 12/12/24

本展では『婦人グラフ』を中心に展開された、夢二のモダンなグラフィック・アートをはじめ、「少年山荘」での夢二の暮らしぶりと、この時期に制作された作品をご紹介し、加えて大正末期の風俗や出来事を、当時の...

大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二とその時代

12/11/17 - 12/12/24

山口県 山口市山口県立美術館1.04

もっと知りたい竹久夢二 part3 夢二の昭和

12/10/2 - 12/12/9

山野に安らぎを見出す心もちを託した書画作品と、時代の先端を行くデザインの仕事、どちらも昭和の夢二の姿です。そして昭和6年(1931)、「一生涯に於ける総くゝりの女」《立田姫》を描いた後、実質的に最後の旅...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

夢二の夢 そして恋

12/10/12 - 12/12/2

本展覧会は『夢二の夢、そして恋』展と題し、夢二が紡いだ"夢"の系譜に焦点を当て、さらに昭和の夢二ともいわれた上村一夫の貴重な夢二関連の原稿、イラストを展示し、新たな竹久夢二像に迫りたいと思...

雑誌にみる夢二の四季 秋

12/9/1 - 12/11/30

生涯にわたり1200冊以上の雑誌に関わった夢二。そこに描かれた四季に焦点をあて、春夏秋冬の4期に分け展示。

『竹久夢二展』大正ロマン100年 “グラフィックデザイナー”の原点

12/10/5 - 12/11/18

本展は、グラフィックデザイナーとしての夢二の仕事にスポットをあてるとともに、沖縄では初公開となる日光竹久夢二美術館の肉筆画約30点のほか、婦人グラフ表紙、装幀・挿絵、童画、セノオ楽譜、夢二が撮影した...

沖縄県 浦添市浦添市美術館

夢二の素描展 子供と老人

12/7/1 - 12/9/30

夢二の残した膨大な素描・スケッチをジャンル別に4回に分け公開・今回初公開となる素描も多数展示します。

夢二と大正時代? 夢二の恋と関東大震災をめぐって    ―大正9〜12年を中心に―

12/7/6 - 12/9/30

本展では、夢二がお葉をモデルにした作品と館所蔵のお葉の写真約130枚を一挙公開、加えて夢二による震災の記録を中心に、展示紹介を行います。

もっと知りたい竹久夢二 part2 夢二の大正

12/6/5 - 12/9/30

夢二の代名詞として語られる大正期は、仕事の幅が広がり、深みを増した時代です。今回は、大正9年(1920)から大阪時事新報に連載され、存在は知られていながら長らくその行方がわからなかった事から「夢二幻の名...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

雑誌にみる夢二の四季 夏

12/6/1 - 12/8/31

生涯にわたり1200冊以上の雑誌に関わった夢二。そこに描かれた四季に焦点をあて、春夏秋冬の4期に分け展示。

大正ロマン昭和モダン展竹久夢二・高畠華宵とその時代

12/7/14 - 12/8/26

本展では、竹久夢二や、当時の少年少女雑誌で人気を博した高畠華宵を中心に、大正昭和を彩った作家たちの原画、版画、装丁本などおよそ230点余りを展示し、大衆アートを振り返ります。

「表現者その多面性」展

12/4/28 - 12/7/29

油彩、水彩、パステル、そして日本画や墨彩など様々な素材によって、自らの表現を探った近代の著名な作家たちの希少な作品を展示します。

夢二と大正時代? 「セノオ楽譜」デザインと京都時代の夢二を追って    ―大正5〜8年を中心に―

12/4/5 - 12/7/1

本展では第一部で「セノオ楽譜」のデザインと当時の音楽事情を紹介、第二部では京都時代の夢二作品を中心に、笠井彦乃との恋愛を振り返ります。

夢二の素描展 男と女

12/4/1 - 12/6/30

夢二の残した膨大な素描・スケッチをジャンル別に4回に分け公開・今回初公開となる素描も多数展示します。

マリー・ローランサンと東郷青児展

12/4/28 - 12/6/24

本展では、二人が影響を受けた同時代の画家たち−モディリアーニ、ユトリロ、ココ・シャネル、竹久夢二ら−の作品とともに、両者の作品を様々な視点から紹介し、ロマンティックで、洗練されたモダンなライフスタイ...

「大正浪漫100年 竹久夢二展」

12/4/21 - 12/6/10

今回の展覧会では、夢二の肉筆画をはじめ、版画、装丁、デザイン、夢二の撮った貴重な写真などを展示し、夢二の画業を振り返ります。折しも2012年は大正100年の節目の年です。今日でも多くの人々を魅了してやまな...

徳島県 那賀町相生森林美術館

「もっと知りたい竹久夢二」

12/3/27 - 12/6/3

夢二の生涯を「明治」「大正」「昭和」の3期に分け、夢二の全てをご紹介する企画展を開催します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

夢二と大正時代? 港屋絵草紙店と  大正ロマンの夢二デザイン 展    ―大正元〜4年を中心に―

12/1/3 - 12/4/1

本展では大正元〜4年にみる夢二の画業、特にデザインを振り返り、また同時期の社会風俗や文化を追って、大正の幕開けを紹介します。

「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展

12/1/7 - 12/3/25

「静岡が育んだコレクター」「静岡が生んだ作家」「静岡にやってきた作家」をキーワードに、ここ静岡が育くんできた多彩な美術の様相をご覧ください。

川西英コレクション収蔵記念展夢二とともに

11/11/11 - 11/12/25

本展覧会は、2011年10月、京都国立近代美術館が<川西英コレクション>のすべてを収蔵することを記念し開催するもので、その全貌を紹介する初めての機会となります。

竹久夢二 絵手紙とメッセージ 展 〜伝えたい思い・・・芸術家として、       恋人として、一個人として〜

11/9/30 - 11/12/25

本展では、夢二の絵手紙や書簡を中心に、画賛がしたためられた日本画、著書において表した詩歌・エッセイを通じて夢二の素顔に迫り、今なお私たちの心に響く、夢二が残したメッセージを紹介していきます。

絵師 夢二 - 生きて、描いて-

11/9/6 - 11/12/18

夢二の活動の軌跡を多種多様な作品と資料を通してご紹介いたします。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

センチメンタル・ビューティー  夢二式美人画展

11/7/2 - 11/9/25

本展では〈夢二式美人画〉が誕生するまでの過程を、夢二の画業を辿りながら紹介すると同時に、夢二が表現した女性美の世界を広く展観していきます。

夢二のこども絵〜びじゅつかんであそぼう!!〜

11/7/20 - 11/9/4

子どもたちへの深い愛情に満ちたまなざしと少年時代のふるさと岡山への郷愁の思いによって表現される、夢二のこども絵の世界をお楽しみください。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

招き猫亭コレクション 猫まみれ ようこそ猫の迷宮へ Welcome to the Cat Art World

11/5/14 - 11/7/18

この度は、江戸時代末期より現在にいたる日本人作家および海外作家による「猫」をテーマにした作品を「招き猫亭コレクション」を中心にご紹介します。

「大正のかほり〜夢二美人の装い」

11/3/29 - 11/7/18

前期では、記念館から門外不出であった大変貴重な帯を、後期では植物など身近にあるものをモチーフにデザインされた半襟図案を中心に展示し、大正から昭和にかけての“きものの美”をご覧いただきます。前期:3月29...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二     花をえがく、花をうたう 展

11/4/1 - 11/6/26

本展では、夢二が描いた花、そして詩歌にみる花を紹介、夢二が表した情趣溢れる花の世界をお楽しみください。

企画展「大正ロマン昭和モダン展−竹久夢二・高畠華宵とその時代−」

11/4/16 - 11/6/19

本展覧会では、大正ロマン・昭和モダンを彩る画家たちの日本画・版画・挿絵・楽譜・装丁本などの作品200余点を展示いたします。

竹久夢二 図案と装飾展   −千代紙からポスターまで         デザイナー・夢二の試み−

11/1/4 - 11/3/27

本展では、夢二が手掛けた和の情緒溢れる千代紙などの紙小物から、商業美術にみるモダンなポスター類、また書籍装幀やその延長にみられるレタリング、カットに至るまでを幅広く展示紹介し、夢二図案の魅力に迫り...

開館20周年記念展 第4弾  開館20周年記念 館蔵名品展   −鹿野琢見コレクションにみる                 夢二の世界−

10/10/1 - 10/12/26

本展では、開館20周年を記念して、鹿野琢見コレクションから名品を選りすぐり、夢二の美の世界を紹介します。

竹久夢二版画展

10/9/16 - 10/11/7

岡山の「夢二郷土美術館」所蔵の40点を展示。

熊本県 小国町坂本善三美術館

開館40周年記念 II 日本近代の青春 創作版画の名品

10/9/18 - 10/10/24

版画に情熱を傾けた作者たちの代表作を紹介します。

夢二が好んだ "芝居ごと"

10/7/27 - 10/10/17

本展では、さまざまに揺れ動く人々の心を見事に集約した、夢二ならではの「芝居絵の世界」をご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

開館20周年記念展 第3弾  小さな紙の美 絵封筒の世界」展   −夢二・かいちを中心に、          名もなき絵師の図案まで−

10/7/2 - 10/9/26

本展では夢二・かいちを中心に、日本画家をはじめ、名もなき絵師による図案も含めて、幅広く〈絵封筒〉を展観していきます。

竹久夢二展−欧米からの帰国−

10/7/17 - 10/8/29

総点数143点(欧米旅行中の作品が73点)。欧米での作品を含め、16点が初公開の作品です!!

夢二の里がえり II

10/4/27 - 10/7/25

“里がえり”企画第二弾は、夢二の初期作品をご紹介します。コマ絵や挿画など小さな画面から出発した夢二が、屏風や掛軸などの大きな画面に挑んだ初期の作品には、初々しさと共に意欲が感じられます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

開館20周年記念展 第2弾〈宵待草〉100年の軌跡  竹久夢二 詩人画家の誕生  −日本画、詩画集からセノオ楽譜まで−

10/4/2 - 10/6/27

本展覧会では、青年期に詩人になることを夢見ていた竹久夢二の表現した、画と詩の織りなす抒情世界をご紹介いたします。

館蔵品企画展  四季の女 −朝日町と竹久夢二−

10/4/17 - 10/6/6

当館で所蔵している竹久夢二作品の中から代表作を抜粋し一堂に展示。

「美のおもちゃ箱 絵からきこえてくるもの 河野保雄のコレクション」展

10/4/17 - 10/5/16

福島市在住のコレクター、河野保雄氏によるコレクション展。本展覧会は、岸田劉生の油彩画、竹久夢二の版画、吉井忠のガラス絵など、普段あまり目にすることのできない作品で構成。

夢二の里がえり I

10/2/2 - 10/4/24

2010年の初春に里帰りしてきた作品の中から夢二郷土美術館の代表作「立田姫」をはじめ、「加茂川」「秋のいこい」など、特に秀逸な作品の数々をあらためて皆様にご覧頂きます。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二生誕125周年記念企画展「山へよする物語」

09/5/23 - 10/3/20

彦乃との恋をめぐる絵画、歌集、書簡、写真などを集めた、「竹久夢二 山へよする物語」と、挿絵と名作を紹介する「夢二の挿絵と幅広い芸術の世界」の2部構成です。

館蔵名品展 II

09/10/14 - 10/1/31

竹久夢二の幻の名作挿絵原画「凝視(ぎょうし)」と下村観山の大作屏風「鵜図」を公開

夢二装幀事始(ゆめじそうていことはじめ)   −夢二で見る近代日本装幀のあゆみ− 〈特集展示〉明治・大正・昭和の美本コレクション

09/10/1 - 09/12/23

本展覧会では、夢二が生涯に著した57冊の著書をはじめ、彼が手がけた数多くの装幀本を展示するとともに、〈本〉が取り持つ不思議な縁によって親交した恩地孝四郎(版画家)、吉井勇(詩人)、久米正雄、長田幹彦...

憧れの欧米への旅 竹久夢二展

09/10/30 - 09/12/6

本展は、約2年半にわたる竹久夢二の欧米旅行の「幻の帰国展」ともいうべきものです。

和装美人から洋装美人へ -大正・昭和の女性像-

09/10/2 - 09/11/29

本展では、人々の装いが和装から洋装へと移り変わる大正・昭和の時代に焦点をあて、上村松園、鏑木清方、伊東深水、竹久夢二、中村大三郎ら東西の作家が描いたさまざまの女性像を一堂に展示します。

竹久夢二生誕125年記念企画館蔵名品展 I

09/8/11 - 09/10/12

このたびの企画展では、挿絵画家のイメージを覆すほど深い印象を与えるこの作品のほか、館蔵品の中から厳選した夢二の作品やデザインをご紹介します

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

大正ロマン・昭和モダン大衆芸術の時代展 〜竹久夢二から中原淳一まで

09/7/11 - 09/8/30

大正から昭和にかけて、時代の寵児竹久夢二をはじめ、グラフィックアート界で活躍した高畠華宵(たかばたけ かしょう)、中原淳一ら、日本画家として挿絵や印刷にも多大な影響を残した鏑木清方、北野恒富などの...

『夢二の浴衣デザイン原画展』

09/5/26 - 09/8/9

このたびは、群馬県にある竹久夢二伊香保記念館にご協力いただき今もなお斬新なアイディアに溢れている夢二デザインの浴衣の原画を三期に分けてご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

夢二グラフィック 〜夢二の手がけた   明治・大正・昭和の雑誌型録(かたろぐ)〜

09/4/3 - 09/6/28

本展覧会では、夢二の主たる作品発表の場であった〈雑誌〉に於ける明治・大正・昭和の仕事を振り返り、加えて雑誌の誌面上から商業美術の世界へと展開された夢二のグラフィックデザインの変遷を辿ります。

『夢二が愛した草花』

09/3/24 - 09/5/24

このたびの企画展では夢二の詩や絵の中にたびたび登場する身近な草花をテーマに、着物や帯の柄が印象的な美人画から、便箋、封筒などの日用品までをご紹介します。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

春の催し『端午の節句』

09/4/4 - 09/5/10

夢二郷土美術館分館 夢二生家では、春の節句「ひな祭り」に引き続き、「端午の節句」を催します。竹久夢二は日本古来の伝統行事である五節句を終生大切にし、作品に描きました。

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

竹久夢二 乙女によせるメッセージ展  〜絵と詩で紡ぐロマンチシズム〜

08/1/3 - 09/3/29

明治・大正期は数多くの少女・女性雑誌が刊行された時代ですが、大正ロマンの画家・竹久夢二(1884-1934)は、乙女たちの心情を汲み取り、魅力溢れる絵と詩をはじめ、誌面を通じて様々なメッセージを贈りました。

常設展 『竹久夢二の作品と資料』

09/1/27 - 09/3/22

2009年9月16日、竹久夢二は生誕125年を迎えます。夢二郷土美術館では、今なお色あせない魅力をもつ夢二の芸術を、多彩な催しにより、皆さまにご紹介してまいります。この機会にぜひ、夢二の世界に触れ...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

新収蔵作品展〜写楽、夢二、そして房総ゆかりの作家たち

09/2/3 - 09/3/1

平成16年に開催して以来となる千葉市美術館の新収蔵作品展。平成15年度以降新たに千葉市の所蔵品となった絵画、版画、書、彫刻、立体の作品を一堂に展示します。寄贈作品など、出品作品の多くが初公開となります。

美の天才竹久夢二のすべて

08/6/1 - 08/12/29

第1期 6月1日〜6月25日 デザインが中心 第2期 7月1日〜8月31日 油絵、子供絵、屏風、人形が中心 第3期 9月5日〜11月25日 絵画が中心 第4期 12月1日〜12月29日 楽譜、著書が中心 絵  画...

竹久夢二 舞台芸術の世界 展?  〜上方歌舞伎からバレエ・リュスまで〜

08/10/2 - 08/12/23

竹久夢二の故郷である岡山県邑久郡本庄村は、古くから芸能の盛んな街道筋の宿場町でした。越後獅子や人形浄瑠璃、傀儡師が頻繁に往来するこの村で、一家を挙げて芸事の好きな環境の中、幼い夢二少年の芸能への関...

夢二の書

08/9/30 - 08/11/30

書と画、両者を一体化した芸術は、東洋美術独自の伝統的な“墨と筆の芸術”を創造してきました。賛として書かれた夢二の流麗な文字は“書”の決まりにこだわらない自由さで作品に情趣を添えています。また友人に宛て...

岡山県 岡山市夢二郷土美術館

あーとわーるど世界一周

08/7/8 - 08/9/21

子どもから大人まで楽しめる、絵画鑑賞入門の第3弾!!今回のテーマは、絵の中の「場所」。 絵を見たとき、皆さん一度は、「この絵の場所はどこなんだろう?」と感じたことがあるのではないでしょうか。「アート...