『田中恭吉』の展示会情報

開館50周年記念 特別展もうひとつの日本美術史ーー近現代版画の名作2020

9/19 - 11/23

本展では福島県立美術館と当館がそれぞれの風土と向き合いながら作り上げてきた版画コレクションを中心に、地方都市から「もうひとつの」日本美術史を発信します。当館にとっては、開館50周年を記念する特別展です。

田中恭吉』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『田中恭吉』の展示会情報

和歌山ー日本和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる

18/9/8 - 18/10/20

県立近代美術館として有数の規模を誇る当館の将来を見つめ、「和歌山−日本」という視点から、以下の構成で和歌山の近代美術を見つめ直します。

『月映( つくはえ )』展 ― 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 TSUKUHAÉ

15/4/17 - 15/5/31

この展覧会は、『月映』が刊行されて100年となるのを記念して、その内容と意義をあらためて見直そうとするものです。

『月映』1914-1915

14/11/16 - 14/12/28

1915年11月の第7号まで約200部ずつ刊行された公刊『月映』を全冊展示するのはもちろん、洛陽堂から出版するのとは別に三人だけが持ち合い、現在では1部しか残されていない「私輯『月映』」と呼ばれる私家版や、油...

生誕120年記念 田中恭吉展

12/9/1 - 12/10/14

展覧会では、『月映』のための木版画や『心原幽趣』Iなど代表作をはじめ、中学時代から晩年までの作品約300点により、田中恭吉の全貌を紹介します。12年ぶりの開催となる大回顧展を、ぜひご覧ください。

和歌山県 和歌山市和歌山県立近代美術館

版画家群像 大正・昭和のベスト・セレクション

12/6/23 - 12/7/29

本展覧会は、その小野忠重が多くの版画仲間との交流によって集めた大量の版画コレクションと当館の収蔵品から厳選(ベスト・セレクト)し、4部構成によって展示・紹介することで、近代の日本版画の魅力に迫ります。

「日本近代の青春 創作版画の名品」展

10/11/21 - 11/1/10

この展覧会は、国内でも有数の質と量を誇る創作版画コレクションを有する和歌山県立近代美術館の所蔵品を中心に、貴重な個人コレクションもまじえ、1900年代から1940年代までの名品およそ400点を一堂に展観するも...

開館40周年記念 II 日本近代の青春 創作版画の名品

10/9/18 - 10/10/24

版画に情熱を傾けた作者たちの代表作を紹介します。

躍動する魂のきらめき−日本の表現主義

09/6/23 - 09/8/16

この展覧会は、1910年代から20年代、大正期を中心に起こったこの熱き芸術表現を日本の表現主義と位置づけ、洋画、日本画、版画、彫刻、工芸、建築、デザイン、写真、舞台美術など、ジャンルを越えて紹介する初め...