『上村松篁』の展示会情報

熱帯への旅―極彩色の楽園を求めて―上村松篁展

6/21 - 8/28

幾層にも重ねられた赤や黄金の強い色彩を感じさせる熱帯花鳥の世界は、松篁の憧れの楽園としての夢をのせ、命輝く深遠な世界に誘います。

奈良県 奈良市松伯美術館

上村松篁』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『上村松篁』の展示会情報

上村松篁展 「美の構成」に触れる

21/11/2 - 22/2/6

本展では、松篁が50年間も胸の中で温めていたモチーフである、火炎木と印度孔雀とスコールを描いた70歳時の代表作「燦雨」の本画をはじめ、作品の制作過程を知ることのできる下絵や素描をあわせて展覧し、伝統の...

奈良県 奈良市松伯美術館

生命のリアリズム 珠玉の日本画

20/10/10 - 20/12/20

本展では、安田靫彦、山口蓬春、福田豊四郎、上村松篁、荘司福、朝倉摂、内田あぐりといった日本画の変革者たちによる名品ぞろいの約60点を紹介し、素材とテーマの探求の軌跡をさぐるとともに、表現の多彩さと奥...

「創造への挑戦」上村松園・松篁・淳之展

20/7/7 - 20/9/27

本展覧会では、創造の源泉となる写生、下絵から作家の真意を読み解き、その魅力に迫りながら、制作に挑み続ける“創造への挑戦”の軌跡をご紹介いたします。

春を詠う、春に詠う-詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸-

20/1/16 - 20/4/12

今回の展覧会では、季節の風物を題材に求めることの多い日本画を始め、日本人による洋画、また、漆芸や陶芸、人形などの工芸品からも春にちなんだ作品を選び、さらには、春に題材を採った詩歌を併せて紹介します。

万葉の世界 展 ~「額田女王」挿絵原画を楽しむ ~

19/12/7 - 20/2/2

本展では、昭和43年1月から昭和44年3月にわたり「サンデー毎日」に連載された井上靖氏の歴史小説「額田女王」に添えた松篁の挿絵原画124点を、物語を追いながら各場面で歌われる万葉歌とともに展示します。

奈良県 奈良市松伯美術館

自然の声を聞く ~発見と希求~ 上村松篁・淳之 花鳥画の世界

19/3/23 - 19/6/23

2人の花鳥画家が心に抱いた美しい世界はどのように展開していくのでしょうか。 彼らが覗いた自然の深遠な世界を、発見と希求の跡が色濃く残る写生とともにご紹介します。

奈良県 奈良市松伯美術館

上村松園・松篁・淳之三代展「画家の仕事」~本画・下絵・素描が語るもの~

18/9/11 - 18/12/2

本画ができるまでの制作過程からは、作家がどのような思いで絵に向き合ってきたか、そのひたむきな姿勢を知ることができます。

近代の花鳥画5人展

18/10/27 - 18/12/2

上村松篁 展 夢見る楽園 ~下絵や素描から知る松篁の理想世界~

18/6/12 - 18/9/2

当館所蔵の大下絵、小下絵、素描を多数ご覧いただき、松篁の創造した絵画世界に対するご理解を深めて頂ければ幸いです。

奈良県 奈良市松伯美術館

収蔵品展 創造美術から創画会へ―革新の70年をたどる―

18/5/12 - 18/7/1

今年で結成から70周年を迎える創画会は、今もなお日本画の新たな表現を追究し続けています。今回の収蔵品展では、結成メンバーから現代の若手作家まで、創造美術・新制作協会日本画部・創画会に関わった個性豊か...