日付で絞り込む

2019/8
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019/9
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019/10
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019/11
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

都道府県で絞り込む

8/21 @ 東京都

「映画を塗る仕事」展

11/17 - 11/11

本展示では、両監督が表現してきたもの、そのこだわりを彩色の面から解き明かしたいと思います。 特に、両監督を支えた色彩設計の故・保田道世さんの手腕を、当時のセルを用いて紹介します。

草屋根と絵筆 向井潤吉のエッセイとともに

4/2 - 10/6

本展では、民家シリーズの代表作をはじめ、向井のエッセイと、それにかかわる絵画作品をあわせて展示します。向井潤吉が、それぞれの制作地で得た感慨をエッセイから読み取っていただき、その人となりにふれてい...

Archives:Bauhaus 展

6/28 - 9/23

ドイツのみならず、世界各地に今もなお強い影響を与えているバウハウス。 ワイマールに先進的な総合芸術学校バウハウスが1919年に創立されてから100年という時を経て、その精神や活動の知られざる一面や、現在に...

東京都 中央区ATELIER MUJI

唐三彩 ―シルクロードの至宝

6/22 - 8/25

唐時代(618-907)の王侯貴族たちの墓を彩る副葬品であるとともに、シルクロードを通した東西文化交流を象徴する美術作品でもある唐三彩を中心に、当時の国際色溢れる美の世界へ誘います。

東京都 千代田区出光美術館
C

COSMOS DISCO 大竹 彩子

5/31 - 8/22

果てしなく広がる宇宙から、細胞膜の内側の微視的な領域まで 大竹彩子の想像力が「蒐集」した、めくるめく作品世界を一望する待望の個展

畦地梅太郎・わたしの山男

7/6 - 9/23

町田市名誉市民でもある畦地の「山男」シリーズを中心とした約100点を展示します。

「綴プロジェクト」-高精細複製画で綴るー スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

6/25 - 8/25

本展では、フリーア美術館の協力のもと、特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン株式会社が推進する「綴(つづり)プロジェクト」によって、同館が誇る世界最大級の北斎の肉筆画コレクションの中から13点の高精...

特別展「中島潔 新しい風-希望 明日へ生きる-」

6/22 - 9/1

本展は中島の代表作から月刊「NHKラジオ深夜便」の表紙絵を含む、近作までを一堂に紹介するものであり、東京での展覧会開催は8年ぶりとなります。中島の心温まる作品世界を、是非この機会にご堪能ください。

没後50年 坂本繁二郎展

7/14 - 9/16

本展は、坂本の最初期作から晩年まで、彼の絵画が成熟していく過程を人生の歩みとともに明らかにしていくものです。約140 点の油彩、水彩、水墨画等に加えて、互いに磨きあい、支えあった盟友、青木繁の作品も合...

高橋秀+藤田桜――素敵なふたり

7/6 - 9/1

本展では、この素敵な二人の歩みと創作の軌跡を、最新作も交えてご紹介します。

東京都 世田谷区世田谷美術館

みんなのミュシャ ミュシャからマンがへ 線の魔術

7/13 - 9/29

ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力...

東京都 渋谷区Bunkamura

第32回日本の自然を描く展

8/7 - 8/26

佳作賞、上位入選、入選、無鑑査の作品は(作家名50音)で4期にわけて展示します。冠賞は全期間展示。優秀賞フ〜ワ、ア〜オは1〜2期、カ〜ヒは3〜4期に展示します。

東京都 台東区上野の森美術館

くらしの造形20「手のかたち・手のちから」

8/9 - 9/21

Form in Traditional Life Series 20: Hand as Form, Hand as Power 福井県若狭地方の三方(みかた)石観世音に奉納されてきた推計6万点余りの 「お手足形」(手足を象った木製の奉納物)のうち、約1500点を現地...

「長く生きる。“DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ー永井敬二コレクションよりー

7/26 - 11/24

本展では、椅子が一つの生命体であるとイメージし、曲げの技術から生み出された50脚を通じて、その“DNA”のネットワークの視覚化を試みます。デザインのアーキタイプ(原型)とバリエーション、リミックスや逸脱の...

東京都 中央区ATELIER MUJI

日日是アート ニューヨーク、依田家の50年 展

6/29 - 9/8

2012年に当館で開催した「記憶のドラマ 依田洋一朗展」を発展させ、 依田洋一朗(1972年-)とその両親依田寿久(1940年-)、依田順子(1943年-)の作品各20-30点を展示します。

第40回夏休み塩の学習室「さぐってみよう! 海のめぐみ」

7/20 - 8/25

。私たちは、いろいろな「海のめぐみ」を食べています。塩はもちろん、かつおぶしにこんぶやかまぼこ、ようかんなどに使う寒天も「海のめぐみ」です。これらのめぐみは海の中ではどういう姿なの? どうやって加工...

東京都 墨田区たばこと塩の博物館1

世界の絣

6/14 - 9/10

本展では、日本、アジア、ヨーロッパ、アフリカなど約20か国の多様な絣を紹介し、絣という一つの染織技法に注目することで浮かび上がる、それぞれの地域の特色を探ります。

東京都 渋谷区文化学園服飾博物館

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

6/11 - 9/23

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホ《アルルの寝室》や、2016年に発見されたモネの《睡蓮、柳の反映》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、時代の荒波に翻弄され続けた松方...

企画展「平櫛田中と収集 ―新収蔵作品初公開―」

5/22 - 9/8

平成30年度、平櫛田中の初期の出世作《唱歌君ヶ代》が平櫛田中彫刻美術館へ寄贈されました。これを記念し、展覧会では彫刻家・平櫛田中を形づくった若き日の出会いや研鑚の日々を、資料を交えてご紹介します。

一生勉強 一生青春

5/28 - 10/6

生誕95周年を記念する本展は、初めての試みとして、10年単位で作品を展示します。

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

7/2 - 10/6

本展覧会では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密に迫ります。

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

7/9 - 9/16

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。

東京都 台東区東京国立博物館

夏休み企画「おしえて!武者小路実篤」

7/2 - 9/1

本展覧会では、三つの仕事の柱を中心に、実篤の90年の生涯と、作品や業績をわかりやすくご紹介します。

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展

7/6 - 10/6

本展では、フォルチュニ芸術の真骨頂である絹地のドレスやコートなどの服飾作品を軸に、絵画、版画、写真、舞台関連作品、彼が蒐集した日本の染め型紙を含むデザイン関連資料等を総合的に展覧します。