『群馬県立館林美術館』の展示会情報

山中現展 描かれた詩

1/28 - 4/2

本展では、その「旧I氏コレクション」から厳選した作品約240点を初めてお披露目します。初期から近年までの木版画を中心に、油彩画、水彩画、ガラス絵も合わせて紹介し、多方面よりその作品世界の魅力に迫ります。

群馬県立館林美術館

群馬県立館林美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『群馬県立館林美術館』の展示会情報

生誕110年 傑作誕生・佐藤忠良

22/7/16 - 22/9/19

本展覧会は、佐藤忠良の三つの代表作に焦点を当てます。

ものがたりの予感

22/4/23 - 22/6/26

展覧会では、コレクションより厳選した版画、油彩画、彫刻、フィギュアのような立体など、200点以上を4章に分けてご紹介します。「ものがたり」とその「予感」を愉しみ、アートに親しむ機会となれば幸いです。

this is not a samurai  野口哲哉展

21/7/3 - 21/9/5

本展では、鎧をまとう人々の彫刻や絵画など、初期から新作まで代表作約180点で、野口哲哉の幅広い思考と精緻な作品に込められた優しさと悲しさ、人間への好奇心にあふれた世界を紹介します。

生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜

20/10/10 - 20/12/13

。本展は、この大下藤次郎およびその時代を引き継いだ仲間たちの作品を一堂に紹介するものです。

安野光雅 風景と絵本の世界

20/7/18 - 20/9/22

本展は、画家の故郷にある津和野町立安野光雅美術館の協力のもと、安野が初期から取り組んできた『ふしぎなえ』や代表作『おおきな ものの すきな おうさま』、国内外の風景を描いた水彩画、『旅の絵本Ⅲ』などの...

10のテーマでアートをつなぐ

20/4/18 - 20/6/28

本展では、当館に新しく収蔵・寄託された現代作家の絵画、版画、立体作品を中心にご紹介します。本展を通して、アートのつながりから生まれる新鮮な感覚をどうぞお楽しみください。

みつめる 見ることの不思議と向き合う作家たち

19/7/13 - 19/9/16

本展覧会では、見ること、感じることの神秘を問い、それを絵画空間でのみ表しうる独自の表現へと深め続けている7人の作家に注目します。

熊谷守一 いのちを見つめて

19/4/20 - 19/6/23

本展では、初期から晩年まで守一の画業の全貌を辿るとともに、日本画や書、素描も紹介し、その豊かな作品世界に迫ります。

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

19/1/22 - 19/3/31

本展では、フランス所蔵の国内初公開作品を含む、衣装、ジュエリー、家具や工芸品、雑誌・ポスター、彫刻、絵画など、国内外の作品約90点を通して、アール・デコにおける異境への眼差しを見ていきます。

時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920sー1950s

18/9/15 - 18/12/24

本展では、板橋区立美術館の全面的な協力のもと、70名以上の作家による多彩な作品を紹介します。