『群馬県立館林美術館』の展示会情報

生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜

10/10 - 12/13

。本展は、この大下藤次郎およびその時代を引き継いだ仲間たちの作品を一堂に紹介するものです。

群馬県立館林美術館

群馬県立館林美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『群馬県立館林美術館』の展示会情報

安野光雅 風景と絵本の世界

20/7/18 - 20/9/22

本展は、画家の故郷にある津和野町立安野光雅美術館の協力のもと、安野が初期から取り組んできた『ふしぎなえ』や代表作『おおきな ものの すきな おうさま』、国内外の風景を描いた水彩画、『旅の絵本Ⅲ』などの...

10のテーマでアートをつなぐ

20/4/18 - 20/6/28

本展では、当館に新しく収蔵・寄託された現代作家の絵画、版画、立体作品を中心にご紹介します。本展を通して、アートのつながりから生まれる新鮮な感覚をどうぞお楽しみください。

みつめる 見ることの不思議と向き合う作家たち

19/7/13 - 19/9/16

本展覧会では、見ること、感じることの神秘を問い、それを絵画空間でのみ表しうる独自の表現へと深め続けている7人の作家に注目します。

熊谷守一 いのちを見つめて

19/4/20 - 19/6/23

本展では、初期から晩年まで守一の画業の全貌を辿るとともに、日本画や書、素描も紹介し、その豊かな作品世界に迫ります。

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

19/1/22 - 19/3/31

本展では、フランス所蔵の国内初公開作品を含む、衣装、ジュエリー、家具や工芸品、雑誌・ポスター、彫刻、絵画など、国内外の作品約90点を通して、アール・デコにおける異境への眼差しを見ていきます。

時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920sー1950s

18/9/15 - 18/12/24

本展では、板橋区立美術館の全面的な協力のもと、70名以上の作家による多彩な作品を紹介します。

デンマーク・デザイン

18/7/14 - 18/8/26

本展は、デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと、デンマークの近代から現代までのデザイン史を「第1章 国際的評価を得た最初のデンマーク・デザイン」「第2章 古典主義から機能主義へ」「第3章 オーガニ...

アート遊覧紀行~自然と人間をめぐって~

18/4/28 - 18/6/24

今回は、当館のコレクションを存分にご覧いただく機会として、200点を超える作品を「人」「動物」「自然」の3つの具体的なモチーフに分けて紹介します。 同時開催 フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポンの...

粋な古伊万里 江戸好みのうつわデザイン

18/1/20 - 18/4/8

本展では、初公開の伊万里焼のコレクションを、江戸時代前半の作品も含め、江戸時代後期の庶民に享受され、現代にも受け継がれたデザインをもつ食器の数々を中心にご紹介します。この機会に江戸時代と現代の暮ら...

鹿島茂コレクションフランス絵本の世界

17/9/23 - 17/12/24

鹿島氏の豊富なコレクションが一堂に会する本展は、フランス絵本の黄金時代を辿るとともに、今日の目にもかわいらしく愛らしい絵本の数々をご覧頂けるまたとない機会となることでしょう。