『木田金次郎美術館』の展示会情報

アイヌ語地名と木田金次郎

7/3 - 11/3

木田が描いた北海道各地の風景から、その場所にまつわるアイヌ語地名を紐解く試み。アイヌ語地名研究の第一人者・山田秀三の研究資料と木田作品を併置して、土地の特徴などを木田の作品からたどる。

木田金次郎美術館

木田金次郎美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『木田金次郎美術館』の展示会情報

木田金次郎 アトリエ解体新書

19/11/8 - 20/3/29

開館から25年、「四半世紀」を経て、収蔵作品の充実などから、年々新たな作家像が明らかになる木田金次郎。アトリエにのこされた「もの」を通して、今回の展覧会が、木田の創作について様々な考えを巡らせる機会...

東 京 の 木 田 金 次 郎

19/7/4 - 19/11/4

今回の展覧会では、日本の中心である東京が、木田にとってどのような意味を持つのかを考える機会として、東京とかかわりのある作品を数多く集めてご紹介します。

木 田 金 次 郎 か き く け こ

19/4/5 - 19/6/30

今回は、これまでの“カルタの読み札”をすべて一新して、あらためて木田作品の魅力を、親しみやすくお伝えしようとするものです。「かきくけこ」と、五十音がすべて含まれている “カルタの読み札” から、木田作品...

出版100年 有島武郎『生れ出づる悩み』と画家・木田金次郎

19/1/12 - 19/3/31

この展覧会では、有島と木田の交友や人生を軸に、両作家の作品や資料を通して、この小説の背景にある「物語」を紐解きます。

みんなでつくるいろはに木田金次郎

18/11/8 - 19/1/6

75回目となる今回の展覧会では、来場者の皆さんに書いていただいた「カルタの読み札」を織り交ぜて、木田作品を紹介します。

木田金次郎 コレクション再結集 ~近美・道銀・芸森コレクションとともに~

18/7/5 - 18/11/4

木田金次郎美術館では、岩内でその留守を守るコレクションと、札幌の優れたコレクションを再結集させ、制作現場である岩内で、完成度の高い作品群をご覧いただきます。

いろはに木田金次郎

18/4/1 - 18/7/1

今回の展覧会では、モティーフや画風の特徴などを、より親しみをもってお伝えできればと、遊び心もそえながら、カルタ風の解説を付けてみることといたしました。「いろはにほへと」と、いろは四十八音がすべて含...

木田金次郎あいうえお

17/11/9 - 18/3/28

「あいうえお」とカルタのように木田作品を紹介してみたらー。こどもも大人も楽しめる、肩のこらない展覧会。

二千六百年の足跡~戦前・戦中の木田金次郎~

17/7/1 - 17/11/5

このたび、点数は少ないものの、戦前の「紀元ニ千六百年」 に因んだ作品が発見されたことから、木田にとっての戦前・戦中とはどのような時代であったかを、のこされた作品や資料から、当時の時代背景、木田の制作...

木田金次郎の本棚  Part2

17/4/1 - 17/6/28

今回の展覧会では、昨年11月より開催して参りました「木田金次郎の本棚」が好評いただきましたので、会期を延長して「Part2」とし、一部作品の入れ替えと、初公開作品を紹介してご覧いただきます。