『芦屋市立美術博物館』の展示会情報

新型コロナウィルスの影響により、美術館・博物館の休業や、展示会スケジュールの変更があり、情報が正しくない場合がございます。
必ずリンク先の各館のホームページで正しい情報をご確認願います。

展示会の情報が登録されていません。

芦屋市立美術博物館

芦屋市立美術博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『芦屋市立美術博物館』の展示会情報

【延期】美術と音楽の8日間 「rooms」 8 days of Art and Music.

20/3/14 - 20/3/20

2016年3月に開催した『美術と音楽の一日「rooms」』から4年。時間とともに変化し動き続ける作品を鑑賞する場「rooms」を再び現出させ、アーティスト、音楽家、作曲家、映像作家ら11名が、8日間にかけて様々な空間...

生誕100年 菅井汲

19/10/8 - 19/11/24

この度、菅井汲の生誕100年を記念し、当館所蔵作品から菅井芸術の魅力を紹介します。

―描かれた神戸・大阪― 阪神名勝図絵と青山政吉

19/4/13 - 19/6/30

日本全国の景色を描いた青山政吉ですが、本展では、平成27(2015)年に当館に寄託された、芦屋や西宮をはじめとする阪神間を描いた作品全55点を一堂に展覧いたします。

The Collection 星のような - のこすこと/のこされるもの

18/12/8 - 19/2/11

この度、小出楢重や大橋了介、伊藤継郎のほか、芦屋カメラクラブや具体美術協会の関係資料などを所蔵作品とともに紹介し、作家像やグループ像に迫ります。

富田砕花展 ー受け継がれる詞ー

18/9/22 - 18/11/25

本年は、富田砕花が「砕花」の筆名で短歌を発表してから110年、芦屋を最初に訪れてから105年の記念の年にあたり、改めて芦屋を愛した富田砕花の文学人生をふり返ります。

チャペック兄弟と子どもの世界

18/7/1 - 18/9/9

本展は、チェコの世界文化遺産都市クトナー・ホラーに新設された現代美術館で開催された「子どもたちを描いたチャペック兄弟の創作」展を基に、ご遺族やチェコ国立文学館、チャペック記念館などの協力によって開...

万葉のセゾン(saison) ―奈良県立万葉文化館 季節のコレクション―

18/4/14 - 18/6/17

本展覧会では、「万葉日本画」コレクションのなかから、春夏秋冬それぞれの季節(セゾン)をテーマに描かれた作品をセレクトし、「万葉のセゾン」と題して折々の色が作り出す四季をご覧いただきます。本展覧会を...

小杉武久 音楽のピクニック

17/12/9 - 18/2/12

本展では50年代から現在までの300点を超える貴重なアーカイブ資料(記録写真/チラシ/ポスター/プログラムなど)の展示と、これまでに発表されてきたオーディオ・ビジュアル作品の大規模な展示によって、小杉の...

生誕220年 広重展-雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく-

17/10/7 - 17/11/26

広重の風景画にみられるさまざまな仕掛けに注目しつつ、心やすらぐ広重の風景版画の世界をお楽しみいただく機会となれば幸いです。

「交差するアーティストたち-戦後の関西」展

17/7/15 - 17/9/18

本展ではコレクション作品のなかより、阪神間といわれる神戸から大阪を範囲とする地域ゆかりの長谷川三郎、吉原治良、津高和一を柱にして、アーティストたちの活動や交流を紹介します。