『愛知県陶磁美術館』の展示会情報

特別企画展

11/2 - 12/22

愛知やきものセレクション -県指定文化財の陶磁器-

愛知県陶磁美術館

愛知県陶磁美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『愛知県陶磁美術館』の展示会情報

京都国立近代美術館所蔵 鐘渓窯 川勝コレクション 陶工・河井寛次郎展

19/8/24 - 19/10/20

企画展「インダス文明への道-栗田功コレクションを中心に-」

19/6/29 - 19/8/18

黄金の地と南の海から―町田市立博物館所蔵 東南アジア陶磁コレクション―

19/4/13 - 19/6/16

本展では、財宝と陶磁器を求めて東南アジアに集まった古の人々の思いと、大洋を旅した陶磁器の往古に思いを馳せつつ、選りすぐりの作品を紹介します。

愛知県陶磁美術館の受贈外国陶磁コレクション選共演!世界のやきもの

19/1/12 - 19/3/24

この展覧会では、中国陶磁を中心に、韓国・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・中南米の作品約120件を一堂に展示します。

瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製

18/10/27 - 18/12/16

本展は江戸時代を通して瀬戸の本業と新製を取り上げ、その代表的作例、記年銘のある作品などを展示し、現在の窯業地・瀬戸の礎となったやきものづくりを紹介するものです。

THE YUNOMI 湯のみ茶碗-ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅

18/9/1 - 18/10/21

本展では愛知県陶磁美術館の開館40周年を記念して、坂口恭逸氏が明治末頃から昭和20(1945)年頃にかけて日本各地の湯のみ茶碗を収集した、坂口湯呑コレクションから約280点を紹介します。

開館40周年特別企画展 知られざる古代の名陶 猿投窯

18/6/30 - 18/8/26

本展は当館の開館40周年を記念して、重要文化財6件、愛知県及び県内外の各市指定文化財11件を始めとする優れた作品や重要資料、計約120件を一堂に集め、その造形美と歴史的意義を紹介します。

瀬戸陶芸の黎明-創作の源流を辿って-

18/4/14 - 18/6/17

日本陶芸の黎明期は大正から昭和初期にかけて起こりましたが、瀬戸でも図案や釉薬研究を起点とし、制作意識の高まりとともに若手陶芸家たちのグループが活躍します。本展では瀬戸陶芸の黄金期へと続く道を辿ります。

京都市陶磁器試験場の釉薬研究と小森忍―寄贈・堀田毅コレクションを中心に―

18/1/20 - 18/3/21

本展では、国立研究開発法人産業技術研究所中部センターから寄託を受けている京都市陶磁器試験場時代の釉薬研究の試作品や、堀田毅氏より寄贈を受けた小森忍の貴重な作品を通じて近代の陶磁器制作の画期を紹介い...

染付:靑繪(あおえ)の世界

17/11/3 - 18/1/14

本展覧会では、白色の地に青色顔料で絵付を施したやきもの:青い絵の染付けられたやきものの総称として「染付」を捉え、技法や文化など様々な影響関係を踏まえながら、9世紀イラクでの黎明期から西アジアでの青色...