『フェルケール博物館』の展示会情報

ME DE CHANGER 移りゆくわたし ―書家 大杉弘子―

12/16 - 2/18

文字の源流をたどり、文字が有する意味と造形美を理解し、新たな文字の表現をしていく

フェルケール博物館

フェルケール博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『フェルケール博物館』の展示会情報

戦後の蘭字−アフリカと中東へ輸出された日本茶−

17/10/7 - 17/12/10

近年発見された戦後のオフセット蘭字の中には、蘭字の見本やデザインの指示が入ったものが見つかっています。今回の展示では、これらの資料から蘭字の製作についても紹介していきます。

村松誠展−いやしの動物イラストレーション−

17/8/5 - 17/10/1

本展示会では原画を中心とし、創作過程の経過がわかる各種塗料、作画道具、唯一手がけた漫画作品も併せて紹介します。

豪華客船の時代 -船の科学館コレクションより-

17/6/17 - 17/7/30

今回の展示会では、かつての外航客船時代の資料とともに清水港に来航するクルーズ客船の関連資料を紹介します。

双六と世相 -特種東海製紙Pamコレクション-

17/4/22 - 17/6/11

現在では双六に描かれた題材を注意深く見ることにより、双六が作られた当時の世相や社会を読み解くことができる資料となっています。

大正ロマンと女性の手仕事-大正~昭和のくらしとデザイン-

17/3/4 - 17/4/16

裁縫を中心とした女性の手仕事の資料と当時のくらしを想像することができるおもちゃや雑誌、生活用具を紹介します。現代とは異なる感覚やデザインを感じていただけることでしょう。

写された明治時代-エンバーソンのガラス乾板と絵はがき-

16/12/17 - 17/2/26

今回は、エンバーソン氏のガラス乾板と引き延ばした紙焼きを紹介いたします。また、同時開催として、静岡・清水地域の明治〜昭和時代の絵はがきを紹介いたします。

よみがえる文化財―文化財の保存と技術の伝承―

16/10/8 - 16/12/11

修理が実施されてきた静岡県内の文化財を紹介します。併せて、文化財保存修理技術を修理の過程とともに紹介していきます。

缶詰ラベルコレクション

16/8/6 - 16/10/2

缶詰ラベルは、輸出用茶箱ラベル印刷の技術が応用されて作られたといいます。今では缶詰に直接印刷されるため見られなくなった、紙製の缶詰ラベルを紹介します。

御座船 絢爛豪華な大名の船-船の科学館コレクションより-

16/6/18 - 16/7/31

本展は船の科学館の協力により、絵図や模型、御船行列図などで戦国時代の関船から江戸時代の御座船を紹介いたします。

上田信展 ミリタリーからキャラクターまで

16/4/23 - 16/6/12

今回の展示では上田氏の多彩な活動を、印刷物では分からない原画ならではの魅力とともに紹介します。