『和歌山県立博物館』の展示会情報

特別展「道成寺と日高川―道成寺縁起と流域の宗教文化―」

10/14 - 11/26

本展では、道成寺1300年の歴史を縦糸に、日高川流域における熊野信仰を横糸にして織りなされた道成寺縁起の歴史をたどりながら、このたび修理が完成した道成寺所蔵の道成寺縁起(重要文化財)上下巻の全貌を初め...

和歌山県立博物館

和歌山県立博物館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『和歌山県立博物館』の展示会情報

西

「西行と明恵」

17/9/9 - 17/10/5

この企画展では、平安時代から鎌倉時代に生きた西行と明恵の紀伊国における活動を中心に、和歌山県内に残る西行・明恵ゆかりの故地とともに、その文化財をご紹介いたします。西行や明恵といった、和歌山を代表す...

夏休み企画展 のぞいてみよう!えのぐばこ

17/9/22 - 17/9/3

ずーっと昔の絵かきさんが使っていた絵具箱、少しのぞいてみませんか?夏休み企画展では、江戸時代の和歌山で活躍した画家の道具と、お手本や下書き、完成作品をあわせて展示します。素敵な絵が作られる過程に出...

企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」

17/6/10 - 17/7/17

この企画展では、紀伊徳川家ゆかりの資料や所在が明らかになった紀伊藩家臣の家に伝来した資料から、紀伊徳川家や家臣たちの実像に迫ります。また、近年行われている和歌山城三の丸の発掘調査や岡公園へ移築され...

特別展 東照宮の文化財Ⅱ―没後400年 家康の遺宝―

17/4/22 - 17/6/4

家康の肖像画、家康が身につけた装束や甲冑、家康の手元にあった名刀など、貴重な文化財を一堂に公開いたします。家康没後400年を記念して開催します。

躍動する紀南武士 -安宅氏と小山氏-

17/3/11 - 17/4/16

この企画展では、初公開の小山氏に関わる古文書(久木小山家文書・神宮寺小山家文書)を中心に、鎌倉時代~江戸時代の熊野の海や山林を舞台にたくましく生きる紀南武士の姿とその歴史を紹介し、新たな熊野水軍の...

「有田川中流域の仏教文化―重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念―」

17/1/21 - 17/3/5

この展覧会では、安楽寺多宝小塔を寺外で初めて展示公開し、その修理成果を報告するとともに、重要文化財1件、和歌山県指定文化財8件、有田川町指定文化財18件を含む文化財約60点を通じて、阿弖川荘で育まれた...

企画展「和歌浦・屏風・名所」

16/12/3 - 17/1/15

県立博物館に収蔵されている館蔵品・寄託品の中から、和歌浦を描いた屏風の作品を中心に紹介します。天橋立や厳島といった他の名所と対になった作品、和歌祭を主題としてその背景に和歌浦の景観を描いた作品など...

特別展「蘆雪溌剌―草堂寺と紀南の至宝―」

16/10/18 - 16/11/23

この特別展では、草堂寺本堂再建の天明6年(1786)から230年を迎える本年、再建時に蘆雪が描いた生命力あふれる障屏画のすべてを、円熟した画技を誇る応挙の襖絵と併せて、一挙に公開します(いずれも重要文化財)。

特別展「戦乱の世から泰平の世へ-16~17世紀の紀北・泉南地域-」

16/9/10 - 16/10/10

この特別展では、戦国時代に紀北・泉南地域において勢力を有した高野山・粉河寺・根来寺・雑賀衆などに注目し、それらが信長・秀吉による統一権力と対抗しつつも敗北し、やがて徳川による幕藩体制のなかに包摂さ...

夏休み企画展「きのくに人物百科―姿とことば―」

16/7/16 - 16/8/31