『市立小樽美術館』の展示会情報

市立小樽美術館

市立小樽美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『市立小樽美術館』の展示会情報

スウェーデン芸術祭 IN 小樽 2018

18/7/21 - 18/9/16

市立小樽美術館をメイン会場として、絵画やインスタレーションなどによる現代アートの展覧会を開催する。

小樽・美術家の現在シリーズ 命の脈動ー武石英孝展 日常から見えた尊いものたち

18/3/10 - 18/5/31

小樽画壇の礎 平沢貞通展 / 三浦鮮治と小樽洋画研究所の仲間たち

17/10/28 - 18/3/4

中村善策とゆかりの深い、平沢貞通・三浦鮮治に焦点を当て、北海道画壇の発展に尽力したそれぞれの業績とその作品を同時代の仲間たちとともに展覧します。

特別展Ⅳ「ガラスと絵画による 風土への賛辞 雪と氷のイメージ」

18/1/6 - 18/3/4

新しい試みに挑戦し独自の個性を打ち出すガラス造形作家と、小樽の自然、重い雪や氷に包まれた独特の風土を描いた小樽ゆかりの画家による絵画をあわせて展覧。

特別展「後志の水彩画家 間宮勇展」

17/10/28 - 17/12/24

厳しく人間と自然の営みに関わり合い、それらをよどみない筆致で表現し多くの人を魅了した水彩画家、間宮勇の作品を展覧。

特別展「甦る炭鉱の記憶」

17/7/8 - 17/9/17

本展は、夕張市教育委員会、小樽市総合博物館の収蔵品により、日本の近代化に大きな役割を果たした炭鉱にまつわる美術作品、資料ならびに、手宮線に関する資料を調査し展覧することで、炭鉱に生きた人々の労働や...

特別展「大月源二展 新たなリアリズムを求めて」

17/4/29 - 17/7/2

本展では、仮釈放の翌年に描かれた「走る男」から1960年代までの作品の推移を粗描してみるとともに、残された言葉と背景をさぐり制作の動機や表現法の変化を辿る。

企画展「小樽・美術家の現在シリーズ 末永正子展 ある日の風景から」

17/3/4 - 17/4/23

本展は、先駆的な現代絵画を一つの美の空間として堪能していただく企画であり、末永正子という画家にとって必然であった変化過程に沿って展覧するものになります。

企画展「小樽・美術家の現在シリーズ 坂東宏哉展 大地のエレメント」

17/1/7 - 17/2/26

深い質感の漂う濃い青、内側にエネルギーを秘め脈々と息づく赤褐色がダイナミックに変化していく色彩の迫力にも圧倒されます。

特別展「藤倉英幸 貼り絵・北海道63景~静かな風を聴きながら~」

16/10/29 - 16/12/25

本展は、北海道に根ざした作家、藤倉英幸の貼り絵原画作品を中心に展覧するものです。