『熊野古道なかへち美術館』の展示会情報

特別展 没後20年 脇村義太郎のコレクション

4/22 - 7/2

田辺市に生まれ、東京大学教授、日本学士院院長などを歴任した経済学者、脇村義太郎の没後20年を機に、美術研究家・愛好者としても類まれなる見識や造脂の深さを発揮した氏の収集したコレクションを、脇村家の山...

熊野古道なかへち美術館

Loading...
Loading...

熊野古道なかへち美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『熊野古道なかへち美術館』の展示会情報

戦後の日本画

17/2/11 - 17/3/26

「創造美術」を創立した画家の一人である、奥村厚一(1904-1974)の作品や、「創造美術」の活動に共鳴し、その展覧会に応募して認められ自らの芸術を確立していった次の世代の画家たち、稗田一穂(1920-)、麻...

田辺市立美術館開館20周年コレクション展2 現代絵画-戦後の抽象-

16/9/17 - 16/11/6

田辺市立美術館のコレクションの一つの軸となっている日本の近現代絵画の中から、戦後の抽象表現に焦点をあてた展覧会を、田辺市立美術館の分館である熊野古道なかへち美術館で開催します。

開館20周年記念特別展 昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ

16/7/9 - 16/8/28

1930年協会の結成から90年を迎えることを機に、一時代を築いた洋画家たちの秀作を一堂に展観します。

特別展 鈴木理策写真展 水鏡

16/4/16 - 16/6/26

本展覧会は、カメラの特徴と水面の特性に着目した鈴木の最新シリーズ「水鏡」を特集して展示するものです。

咲く-雑賀清子のスケッチより

16/2/6 - 16/3/21

このスケッチを通して、当地の自然の魅力を紹介するとともに、雑賀が注目したひたむきに生きる小さな存在と、それが放つ命の美しさをお伝えできればと思います。

色彩が魅せる世界 ~油彩画・水彩画・近代日本画~

15/9/19 - 15/11/8

両館のコレクションの中から近代の絵画に展開した色彩表現の魅力を紹介します。

凌雲- スケッチから広がる世界

15/7/18 - 15/8/30

本展覧会では、当館の渡瀬凌雲コレクションの中からアメリカ滞在中に描かれたスケッチ群を中心に、渡米前・渡米後の作風の変化にも注目しながら紹介します。

田辺市合併10周年記念特別展 コレクションのあゆみⅠ墨に彩られた世界~文人画・禅画・南画~

15/4/18 - 15/6/28

両館合同で開催、前期・後期に分けて両館の作品を交換、入れ替えます。文人画や近世書画、近代南画などで繰り広げられた墨による様々な表現を紹介します。

森に棲む  色・音・形

15/1/24 - 15/3/15

本展では、館内全体が二人が熊野の森から得たインスピレーションに満ちた空間になります。作品によるもう一つの森を、多くの方々に体感していただきたいと願っています。

特別展没後50年 野長瀬晩花

14/10/25 - 14/12/7

本年は当地出身の画家、野長瀬晩花の没後50年にあたります。これを機に、その異色とされた表現をあらためて見直します。