『大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)』の展示会情報

見て、さわって、調べよう。昔のくらし

12/17 - 2/22

今回の展覧会では昔のくらしを学ぶ児童の学習を想定し、生活道具の種類ごとの変化や、節供の人形や掛軸など季節の行事に関連するものを展示します。

大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)

大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)』の展示会情報

「大大阪モダニズム ― 片岡安の仕事と都市の文化―」

18/7/21 - 18/9/2

本展覧会は、片岡安が初代校長を務めた常翔学園(その前身である関西工學専修學校)の常翔歴史館と、大阪の建築文化の専門博物館でもある大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)の主催により開催し...

商都慕情 -今昔館の宝箱-

18/6/16 - 18/7/8

今昔館が館蔵する美術品の中から大阪の景観や年中行事、祭礼を描いた掛軸・絵巻・屏風を展示し、古きよき大阪の街の様子と暮らしぶりをご紹介します。

~生活文化の粋 三井別家中川コレクション~くらしの美を探る 四季のしつらいともてなしの道具

18/4/21 - 18/5/27

本展は“四季のしつらい”と“もてなし”をテーマに、「三井別家中川コレクション」から、端午の節句飾り、季節を演出する掛軸や花器、また、茶道具をはじめ陶器、漆器、ガラス器などの道具類、100点余りを展示します。

企画展「浪花の大ひな祭り」

18/2/18 - 18/4/2

本展では、上方の雛の特徴を持った大阪の商家の雛飾などを展示します。特に昨年寄贈された大坂の豪商「加島屋」(廣岡家)の豪華な享保雛と多種多様な雛道具の数々は必見です。

企画展「道具のむかしばなし展―ものから学ぶ昔のくらし―」

17/12/16 - 18/2/10

本展では小学校の学習内容に合わせ、さまざまな生活道具を展示し、くらしのうつりかわりを紹介します。

企画展「夏休みだよ!家電採集 昭和レトロ家電 ―マスダコレクション展―」

17/7/29 - 17/8/31

本展では、増田健一氏が20年以上にわたり収集してきた昭和レトロ家電コレクションから、昭和30年代の懐かしい家電やアイデアあふれる珍しい家電をよりすぐり、約150点を公開します。

浮田光治コレクション手拭万華鏡-名もなき職人たちの手仕事-

17/6/24 - 17/7/23

本展では手拭収集家 浮田光治氏のコレクションのなかから、稲垣稔次郎(人間国宝)や徳力富吉郎など高名な作家の作品を含め、京都の舞妓手拭や大阪城をはじめとする百名城、写楽や広重などの浮世絵手拭のほか、特...

特別展「大坂蔵屋敷-天下の台所はここから始まる-」

17/4/22 - 17/5/28

大阪の居住形態のひとつとして大坂蔵屋敷を取り上げました。新発見の資料も含めて約150点の歴史資料を展示し、蔵屋敷の歴史、建物の特徴と変遷、蔵屋敷のある町並景観、蔵屋敷での暮らしと年中行事など、さまざま...

浪花の大ひな祭り-浪花の豪商の雛道具-

17/2/25 - 17/4/2

今年、鴻池とならぶ浪花の豪商のひとつ「加島屋」(廣岡家)に伝来した節句飾り一式が新たに発見され、大阪くらしの今昔館に寄贈されました。これを記念して加島屋伝来の享保雛や立雛など雛人形や道具類の数々を...

道具の今昔物語―明治・大正・昭和の道具たち―

17/1/3 - 17/2/17

本展では明治期から昭和40年代にかけて使われた生活道具を中心に展示し、くらしの変遷を紹介します。