日付で絞り込む

2020/1
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020/2
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020/3
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020/4
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

都道府県で絞り込む

1/28 @ 北海道

忍者とくすり展 ~活かすも殺すも忍の技~

10/12 - 2/24

“忍者”に関するくすりや道具を展示。 なぜ忍者とくすり売りが結び付けられるかを紐解きながら、彼らの知恵を紹介します。

川端康成生誕120年記念金子鷗亭「川端文学燦文集」

11/22 - 2/2

「川端文学燦文集」は、川端康成の著作からえりぬかれた文書を松前町出身の書家・金子鷗亭(1906-2001)が、211点の連作として書にしたためたものです。川端康成の生誕120年を記念し、「川端文学燦文集」を全点展...

七彩(しちさい)の美 旭川ゆかりの画家たち

11/30 - 3/15

創成期に活躍した高橋北修から佐藤進をはじめ、旭川出身で日本を代表する抽象画家難波田龍起、富良野に住んで制作を続けた小野州一など、多彩な絵画表現を展観します。

久本春雄の素描

1/4 - 2/9

本展は、当館が所蔵・管理する400点以上の久本の素描から、約60点を厳選し、一堂に展覧するものです。

北海道 釧路市釧路市立美術館

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

1/25 - 4/12

ミュシャ財団監修による本展は、幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、彼の原点と作品の魅力に迫ります。

木田金次郎 アトリエ解体新書

11/8 - 3/29

開館から25年、「四半世紀」を経て、収蔵作品の充実などから、年々新たな作家像が明らかになる木田金次郎。アトリエにのこされた「もの」を通して、今回の展覧会が、木田の創作について様々な考えを巡らせる機会...

本郷新と「無辜の民」

11/15 - 2/12

本展では、ブロンズ作品と比べ日の目を見る機会が少ない「無辜の民」の石膏原型もあわせて展示。本郷新の制作にかける熱意と造形上の模索のあとをご覧ください。

生誕115年片岡球子と難波田龍起展

11/30 - 2/11

ともに北海道に生まれ、昭和から平成にかけてそれぞれの絵画世界を深め、近代日本美術史に大きな足跡を残しました。代表作など約50点を展示します。