『奈良県立万葉文化館』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

奈良県立万葉文化館

奈良県立万葉文化館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『奈良県立万葉文化館』の展示会情報

特別展「クレパス画名作展」

18/10/6 - 18/12/16

本展覧会では、サクラアートミュージアム所蔵のクレパス画作品から130点を展示します。本展覧会を通して、クレパスという画材の魅力を感じていただければ幸いです。

マンガで語る古代大和―学術と創造の融合―『天上の虹』にみる創造の世界

18/7/14 - 18/9/30

今回は、長年の調査研究のもと描かれ、2015年ついに完結となった里中満智子氏の『天上の虹』〈全23巻〉より、冒頭の大化の改新から我が国の古代最大の内乱とされる壬申の乱までの1巻から7巻を中心とした原稿と、...

広重―雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく―

18/5/12 - 18/7/1

広重の作品の中から、「保永堂版東海道」を中心とした数々の風景画をご紹介いたします。本展覧会で、広重作品の持つ独特の詩情に触れていただければ幸いです。

万葉の装い―額田王から淀殿、そして今へ―

18/3/17 - 18/5/6

飛鳥・奈良時代から江戸時代までの衣装の変遷に触れ、時代を超越する女性の美をご鑑賞ください。また、併せて展示する当館所蔵の「万葉日本画」に描かれた古代衣装の表現も堪能いただきたいと思います。

日本文化の源流-いまに続く芸能-

17/10/28 - 17/12/10

本展覧会では古代の伎楽、散楽から大和猿楽、能楽に至るまでの日本の芸能の歴史を示す資料を展示します。また、延岡市内藤記念館の協力のもと、江戸時代の大名家である内藤家旧蔵能楽資料から「天下一」の印を持...

「特別展」京都市美術館名品展 美人画100年の系譜 美の継承―万葉日本画へ続く流れ

17/9/2 - 17/10/15

京都市美術館所蔵の名品より、代表的な題材として脈々と描かれてきた「美人画」に焦点を当て、日本画壇の衰退と再興を経験し近現代へと日本画を継承してきた画家たちの歴史を辿るものです。

中島潔 “今”を生きる-そして伝えたいこと

17/3/11 - 17/5/7

本展覧会では、中島潔のこれまでの軌跡を辿りつつ、東日本大震災を経て制作された新作「新しい風」シリーズ、京都六道珍皇寺奉納の「地獄心音図」とこの世の理想郷を描いた「心音」からなる連作「心音図」など近...

館蔵品展「万葉コレクション展 新しき仲間たち4」

16/12/17 - 17/2/26

本展では平成27年度に寄贈された作品を中心に、大亦観風筆『万葉集画撰』、万葉陶磁器人形など合計90点あまりの作品を公開します。

古代への憧憬―近代に花開いた古典の美―

16/10/15 - 16/11/27

絵画や関連資料を通して、安田靫彦、菊地契月、冨田渓仙、堂本印象、小倉遊亀、上村松篁ら、著名な作家が描いた古代の世界をご紹介します。繊細で美しい日本画で表された万葉の美、古代文化の世界を存分にご堪能...

開館15周年記念特別展「判じ絵の世界 目で見る江戸のなぞなぞに挑戦」

16/8/11 - 16/10/2

浮世絵師たちが趣向を凝らした様々な図柄の組み合わせや、そこから生まれた難問・珍問には、当時の人々の遊び心がたっぷり詰まっています。