『吉増剛造』の展示会情報

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

4/27 - 6/24

本展では、半世紀以上におよぶ活動の中から、『黄金詩篇』(思潮社、1970年)をはじめとする各時代の代表的な詩集を柱とし、詩篇や写真をはじめとする彼の作品群に加え、関連する表現者たちの作品や資料と共に展...

沖縄県 那覇市沖縄県立美術館

吉増剛造』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『吉増剛造』の展示会情報

吉増剛造「火ノ刺繍 La Broderie de feu」

18/2/8 - 18/2/25

近年の吉増の軌跡を辿る本書の、通奏低音になっている「声」「手」「歩行/移動」を手掛かりに、吉増が綴り、縫い上げ、炎を灯した詩+映像+写真+パフォーマンス作品が展開されます。

東京都 渋谷区NADiff

涯テノ詩聲(ハテノウタゴエ )詩人 吉増剛造展

17/11/3 - 17/12/24

声ノマ 全身詩人、吉増剛造展

16/6/7 - 16/8/7

「詩人」の枠を飛び越えた、吉増ならではの多様性あふれる形態で、聴覚・触覚をも刺激する、体感する展覧会です。「言葉」の持つ力、豊かさを体験してください。

東京都 千代田区東京国立近代美術館

吉増剛造「瞬間のエクリチュール」

16/7/1 - 16/8/7

本展では、edition.nordのデザイナー・秋山伸による会場構成で『瞬間のエクリチュール:吉増剛造』に収録されるオリジナルのポラロイド作品全74点を展覧

東京都 渋谷区NADiff

「足利風景 ―旅の視線、地の視線―」

10/10/30 - 10/11/28

現代写真の分野で活躍する、尾仲浩二、小林のりお、島村美紀、白石ちえこ、田邉晴子、山田利男、吉増剛造各氏に足利市内での撮影を委嘱し、新たに制作された写真によって展示が構成されます。

’文化’資源としての炭鉱展

09/11/4 - 09/12/27

「part.1-<ヤマ>の美術・写真・グラフィック」は、油彩、日本画、水彩、版画、彫刻、素描、写真、ポスターなどグラフィックで構成されます。「Part.2-川俣正コールマイン・プロジェクト〜筑豊、空知ルールでの...