『MOA美術館』の展示会情報

特別展 人間国宝展

11/7 - 12/9

本展では、その頂点を極めた54名の人間国宝の作品を展観し、長年の研鑽と修練によって得た卓越した貴重なわざと美の表現を紹介します。伝統工芸の精華を心ゆくまでご堪能ください。

MOA美術館

MOA美術館のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

過去の『MOA美術館』の展示会情報

歌麿とその時代  浮世絵黄金期の輝き

18/8/31 - 18/10/2

本展では、歌麿をはじめ、天明・寛政期から文化・文政期に活躍した絵師たちの肉筆美人画や錦絵を展観し、江戸町人文化の賑わいとともに花開いた黄金期の浮世絵の魅力を紹介します。

吉田博木版画展

18/7/20 - 18/8/28

本展では、富士山の雄壮な姿を描いた「冨士拾景」や刻一刻と変化する海の表情を表した「瀬戸内海集」をはじめ約80点を紹介します。

琳派−光悦と光琳

18/6/8 - 18/7/17

本展では、本阿弥光悦書「花卉摺絵新古今集和歌巻」、尾形光琳筆「草紙洗小町図」、尾形乾山作「銹絵染付梅花散文蓋物」、酒井抱一筆「藤蓮楓図」など、琳派の代表作家における絵画と工芸の優品を展観することで...

岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻

18/4/27 - 18/6/5

本展では、2014年以来4年ぶりに全12巻を一堂に展観します。本展での公開総延長は70 メートルを超え、この絵巻の魅力を十分ご堪能いただけます。

二大風景版画一挙公開 北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次

18/3/16 - 18/4/24

本展では、浮世絵風景版画の分野を確固たるものとした冨嶽三十六景 全46枚と保永堂版東海道五十三次 全55枚を全期間を通じて公開します。二大絵師による屈指の名作をこの機会にご堪能ください。

所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

18/1/26 - 18/3/13

本展では、「紅白梅図屏風」をはじめ京焼の大成者・野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」、三大手鑑の一つとして著名な手鑑「翰墨城」の3件の国宝の同時公開に加え、コレクションの各ジャンルを代表する名品を展観しま...

リニューアルオープン記念特別企画  暮らしの中の伝統工芸

17/12/16 - 18/1/23

本展では現代の生活に起伏を与える視点から、食器、酒器、茶道具など、暮らしの中の伝統工芸をテーマとして、多彩な作品約60 点を展観します。

リニューアルオープン記念特別企画 千宗屋キュレーション 茶の湯の美ーコレクション選ー

17/10/27 - 17/12/10

今回の展観は、展示室のみならず「黄金の茶室」での特別陳列、茶の庭での点心と喫茶、ミュージアムショップの特選茶の湯グッズ、そして、千宗屋氏による講演会と茶席など、美術館全体を活用し茶の湯の世界を体感...

MOA美術館 リニューアルオープン記念 第6弾 第20回岡田茂吉賞展

17/9/1 - 17/10/24

本展覧会は、現代のトップクラスの作家17名による代表作49点を展観し、現代工芸の最前線を展望します。

夏休みコレクション展 北斎「冨嶽三十六景」

17/7/21 - 17/8/29

本展では、夏休みにあわせ子どもから大人まで親しまれている「冨嶽三十六景」全46図を一挙に公開します。世界に誇る北斎の傑作をご家族でご鑑賞ください。