『歌川広重』の展示会情報

由比本陣公園開館25周年記念今昔東海道ステヰシヨン

8/20 - 11/24

本展では歌川広重が描いた東海道の浮世絵版画とともに、江戸時代の宿駅と明治以降に開設されていく鉄道の駅を紹介する展覧会を開催します。

静岡県 静岡市東海道広重美術館

平木コレクションにゃんとも猫だらけ

9/14 - 11/17

浮世絵版画に描かれた猫たちを、近年の猫美術展ブームの火付け役である平木コレクションによってご紹介するものです。

歌川広重 二つの東海道五拾三次展

10/12 - 11/17

本展覧会では、宿場ごとに保永堂版《東海道五拾三次》とそれから15年後に制作された丸清版《東海道五十三次》、そして大正時代と現在の写真を展示します。保永堂版、丸清版の構図や色、人物の動きの違いを比較し...

山形県 天童市天童市美術館

「美術の森でバードウォッチング」展

8/3 - 11/10

本展覧会では、ヤタガラスという神の使いとしての鳥の姿や、長寿を象徴し、吉祥モチーフとして絶えず描かれてきた鶴、聖天子の誕生とともに現れると考えられた瑞獣・鳳凰、四季おりおりの花と合わせて愛でるため...

歌川広重』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『歌川広重』の展示会情報

いきものがたり ‐江戸東京のくらしと動物‐

19/8/6 - 19/9/23

本展では、江戸東京の人々と、いきものとの多様な関係を、館蔵資料を中心に4つの構成でご紹介します。江戸の風俗と文化を伝える浮世絵から、近現代のくらしを物語る生活用品に至るまで、バラエティー豊かないき...

「〜国芳、広重、国貞、豊国、英泉…江戸・明治の浮世絵師たちが描く〜ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」

19/7/27 - 19/9/8

本展では、無類の猫好きで知られる浮世絵師の作風の個性を楽しむとともに、人々が猫とどう関わってきたのか、また人が猫にどのようなイメージをもっていたのかを読み解きます。

テレビ熊本開局50周年記念 歌川広重展

19/7/20 - 19/9/1

歌川広重・不朽の名作「東海道五拾参次」、「五拾参次名所図会」、「名所江戸百景」など、郷愁と叙情の世界を四季の雪月花になぞらえて紹介。

熊本県 熊本市熊本県立美術館

江戸の遊び絵づくし

19/6/29 - 19/9/1

本展覧会では、機知とユーモア溢れる多彩な作品と併せて、仕掛けを読み解く模型や資料を展示することで、遊び絵を体験しながらご覧いただきます。目で見て頭で考え、手で触れて確かめて、江戸のエンタメワールド...

浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界

19/6/11 - 19/8/18

本展では浮世絵版画の中に見ることができる、様々な意匠(デザイン)をご紹介いたします。

ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−

19/6/23 - 19/8/18

平安時代の摺仏や、江戸時代初期の木活版本である嵯峨本、拓本の技法を応用した伊藤若冲の拓版画、司馬江漢の銅版画など、多様な技法で制作された版画をご覧いただきます。版本については、久保惣コレクションに...

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

19/6/8 - 19/7/28

当時から目利きの米国女性として知られた彼女のコレクションですが、これまでアメリカでもほとんど紹介されたことはありませんでした。本展では珠玉の200点を選りすぐって日本で紹介する初めての里帰り展です。

うるわしき女たち-広重描く江戸美人-

19/6/13 - 19/7/15

広重の描く美人画は、端正で気品があり、健康的です。立ち姿を描いた作品では、衣装の細部まで手を抜いていません。  本展覧会ではメ~テレ(名古屋テレビ放送)にご協力いただき、同社所蔵の作品も併せて展示...

岐阜県 恵那市中山道広重美術館

江戸の凸凹 ―高低差を歩く

19/6/1 - 19/6/26

本展は、愛宕山や駿河台などの山や台地、神田川など河川の周囲に広がる谷、築地や深川などの水辺に広がる低地、江戸見坂や九段坂などの坂といった、浮世絵に描かれた江戸の凸凹-地形の高低差に焦点を当てる展覧...

横浜開港160年 横浜浮世絵

19/4/27 - 19/6/23

この展覧会では開港160年を機に神奈川県立歴史博物館と川崎・砂子の里資料館の所蔵作品を中心に横浜浮世絵を紹介します。 [前期]2019年4月27日(土)~5月26日(日) [後期]2019年5月30日(木)~6月23日(日)