『歌川広重』の展示会情報

特別企画展「広重展 東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界」

7/16 - 9/12

本展覧会は、広重の代表作「東海道五拾三次」を中心に、壱岐を描いた《六十余州名所図会 壱岐志作》(安政3(1856)年)や、希少な肉筆画なども展示いたします。日本の風土の美しさを求めて旅した広重。広重が描...

山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで―

7/3 - 8/29

このたび山種美術館では、開館55周年を記念して、所蔵の浮世絵と江戸絵画の優品をご紹介する展覧会を開催いたします。

企画展「華の都 江戸-名所江戸百景名品選-」

7/22 - 8/22

広重晩年の傑作《名所江戸百景》。画面いっぱいに描かれた梅の木が印象的な「亀戸梅屋舗」や、夕立に慌てふためく橋上の人々を描いた「大はしあたけの夕立」などは、日本だけでなく海外でも広く知られた作品です...

岐阜県 恵那市中山道広重美術館

歌川広重』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『歌川広重』の展示会情報

諸国山巡り

21/6/17 - 21/7/18

本展では、街道絵や名所絵に描き込まれた全国各地の名もない山から名山まで多様な山を巡ります。また、新規収蔵となった広重最晩年の優品《山海見立相撲》6点も初公開します。広重の手によって表された山の風景...

岐阜県 恵那市中山道広重美術館

映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く

21/5/22 - 21/7/11

本展では大正の広重・吉田初三郎の作品をご紹介。それぞれに個性的な四人の絵師の共演をお楽しみください。

歌川広重  二つの東海道五拾三次

21/4/17 - 21/6/27

江戸代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)の代表作である「東海道五拾三次」。そのうち最もよく知られている「保永堂版」(1833-34刊)と、十数年後に刊行され同じ宿場を季節、時間、天候などを違えて描き出し...

北海道 旭川市北海道立旭川美術館1

浮世絵と日本画 ~広重の視点・日本の美~

21/4/3 - 21/5/30

本展では、海外の芸術家にも影響を与えた日本独自の様式・表現方法・色彩美をご紹介し、日本芸術の空間をお楽しみいただきます。

江戸の敗者たち

21/4/15 - 21/5/16

江戸時代に親しまれ、浮世絵に描かれたさまざまな敗者たちに焦点を当てる展覧会です。

企画展「広重の名所江戸百景 併催:新収蔵品・新寄託品を中心に」

21/1/16 - 21/3/14

本展では、広重の描いた「名所江戸百景」を前期・後期に分けて全点展覧します。また、近隣の美術館の協力を得て、広重の「東都名所」シリーズや「東海道」シリーズを展示に加え、江戸の人々も夢中になった広重の...

うきよえ探検隊!~浮世絵に描かれた○○を探せ~

20/11/3 - 21/1/17

本展ではそういった絵の中に描かれた細かな描写に着目しています。展示作品を通して浮世絵を読み解く“探検”に出掛けてみませんか。

静岡県 静岡市東海道広重美術館

二つの東海道五十三次 歌川広重展

20/9/5 - 20/10/18

本展では、「東海道五拾三次」の保永堂版と丸清版、計110点を同時に展示し、2つの異なる構図で表現された東海道をめぐります。

山形県 酒田市酒田市美術館

歌川広重 二つの東海道五拾三次

20/7/25 - 20/8/30

今回は、代表的な「保永堂版」とその約15年後に制作された「丸清版」、2つの版元から刊行された作品を同時にご覧いただけます。同じ宿場を描きながら、構図や色彩、季節、天候などが異なる2作品。見比べながら...

富山県 高岡市高岡市美術館

歌川広重展 ー東海道五拾三次と雪月花 叙情の世界ー

20/7/4 - 20/8/30

本展では、名作《東海道五拾三次》(保永堂版)などの風景画はもちろん、花鳥画、戯画、さらには卓抜した描写力をうかがわせる肉筆画に至るまで様々なジャンルを通して、広重の浮世絵ワールドを紹介します。

滋賀県 守山市佐川美術館1.03