『小磯良平』の展示会情報

巨匠たちのクレパス画展 日本近代から現代まで岡本太郎、梅原龍三郎、小磯良平、熊谷守一、猪熊弦一郎・・

7/14 - 9/9

本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎(かなえ)をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も...

-特集《小磯良平・加山又造・ロダン(版画)》など- セキ美術館コレクション展

6/9 - 7/22

セキ美術館は、愛媛県松山市にある私設の美術館です。明治から現代までの、日本近代画壇を代表する画家たちの優品を所蔵しています。この展覧会では、小磯良平・加山又造・ロダンの作品を中心に、セキ美術館の誇...

小磯良平』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『小磯良平』の展示会情報

特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション」

18/4/21 - 18/7/8

神戸市立博物館のリニューアル休館にあたり、同館に収蔵されている金山平三、林 重義、小磯良平、田村孝之介、川端謹次らの近代洋画に、明治初期に活躍した山本芳翠、高橋由一の油彩画、チャールズ・ワーグマン、...

名品と出会う-企業コレクションによる日本近代洋画展ー

18/4/7 - 18/6/11

この度の特別展は、独自の表現を切り拓いた近代洋画家の作品を数多く保有する公益社団法人糖業協会のコレクションを山陰で初めて紹介するものです。展示室には明治から昭和にかけて独自の表現を求め続けてきた洋...

小磯良平と吉原治良

18/3/24 - 18/5/27

この展覧会は阪神間の生んだこのふたりのモダニストの足跡を、代表作を時代毎に「並置」することで、その対照性と類似性を明らかにしつつ、それぞれの画業を再確認するものです。

香月泰男展

17/7/13 - 17/9/18

第1回日本芸術大賞を受賞した香月泰男。本展では油彩画・水彩画26点を特別展示いたします。

春の展覧会

17/4/20 - 17/7/9

横山大観「霊峰不二」・岸田劉生「麗子像」・小磯良平「婦人像」・平山郁夫「マルコ・ポーロ東方見聞行」・森本草介「ドルドーニュ川の水音」・中島千波「身延山枝垂桜」等の絵画や陶器・西洋ガラス・樂茶碗、更...

小磯記念美術館「作品選5」、コレクション企画展示「画家の”仕事”」

17/3/4 - 17/4/23

ポスターや雑誌の表紙などの原画、また神戸国際会館や宝塚大劇場の舞台の緞帳原画などを含めた約80点の作品や資料から、小磯良平芸術の魅力を紹介します。

特別展「パリに生きる パリを描くーM氏秘蔵コレクションによるー」

16/12/17 - 17/2/19

まとまっての公開は初となるM氏秘蔵コレクション70点を中心に、3館の所蔵品を加えた計100点の作品と資料を紹介します。個性豊かな日本人画家たちが、パリで描いた作品群を楽しんでいただくとともに、エト...

パリに生きる パリを描く -М氏秘蔵コレクションによる-

16/10/29 - 16/12/11

今回の展覧会では、没後30年にあたる荻須高徳の作品を中心に、日本近代芸術家たちの眼にパリがどう写ったのかを、四半世紀にわたり同テーマで収集された個人の秘蔵コレクション約70点と共催3館の所蔵品により紹介...

特別展「描かれた花々―小磯良平の植物画を中心に―」

16/10/15 - 16/12/11

所蔵者である武田薬品工業株式会社の特別な協力を得て、25点を10年振りに出品します。