『藤田嗣治』の展示会情報

没後50年藤田嗣治展

3/1 - 7/31

初期の風景画・水彩画から晩年多く描かれた子ども像まで、油彩画を中心とした山王美術館コレクション全28点を一挙に展示いたします。

大阪府 大阪市浪速区山王美術館

ブリジストン美術館展 石橋財団コレクションの精華

4/21 - 6/24

本展では休館中でなければ叶わないコロー、ルノワール、セザンヌ、ピカソなど19世紀から20世紀前半にかけての西洋近代絵画、そして黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治、岸田劉生など明治から大正、昭和初期にかけての...

没後50年 藤田嗣治 本のしごと文字を装う絵の世界

4/14 - 6/10

本展では、戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、 1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などを中心に、藤田嗣治の「本のしごと」をふり返...

東京都 目黒区目黒区美術館

描かれた女性たち

3/7 - 5/28

妖艶な裸婦から幼気な少女まで様々な画家たちの手によって描かれてきた“女性”。各々の画家たちが描く個々の女性の“魅力”をお楽しみください。

藤田嗣治』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『藤田嗣治』の展示会情報

モダンアート再訪― ダリ、ウォーホルから草間彌生まで

18/2/3 - 18/3/18

ダリやウォーホルから草間彌生まで、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する優品76点の魅力をお楽しみ下さい。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと -文字を装う絵の世界- Léonard Foujita Private on Works

18/1/13 - 18/2/25

本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった...

秋季展

17/9/8 - 17/11/12

本展は、伝統と近代をみごとに統合させた富岡鉄斎をはじめ、岡倉天心に傾倒した東京の横山大観、一方、京都の四条派の伝統を受け継ぎながらも、近代の個性を表現した村上華岳、入江波光、榊原紫峰など国画創作協...

猫まみれ展

17/8/29 - 17/10/28

全国各地で話題沸騰の「猫まみれ展」が旭川にやってきます!と猫の作品を愛する謎のコレクター、招き猫亭が約40年にわたって集めてきた油彩画、日本画、版画、浮世絵、彫刻、陶磁など約300点がずらりと勢ぞろい。

レオナール・フジタとモデルたち

17/6/24 - 17/9/3

本展は、フジタの画業の中心である人物を描いた作品約90点を、描かれたモデルに関連する資料約150点を交えて紹介し、画家のモデルに注ぐまなざしや制作の過程、さらにフジタの人間性までもが浮かび上がることを期...

アートになった猫たち

17/7/1 - 17/9/3

空前の猫ブームが訪れているといわれる現在、本展覧会では近代現代絵画や海外作家から江戸の浮世絵まで遡って作品を展観し、人々を惹きつけてやまない猫たちの魅力と人間との深い関わりをご紹介します。

ランス美術館展華麗なるフランス絵画

17/7/6 - 17/8/27

本展では、ランス美術館のコレクションから、17~20世紀までのフランス絵画と、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の絵画作品など、約70点をご紹介します。華麗なるフランス絵画400年の歴史をご堪能ください。

フローラー花々と美の饗宴ー

17/3/1 - 17/7/31

本展では、ルノワール、キスリング、藤田嗣治、上村松園など、さまざまな画家による花と女性を描いた作品を一堂に展覧いたします。

カンヴァスの中の巨匠たち Self-Portraits by Painters

17/5/27 - 17/7/30

このたびの展覧会では、笠間日動美術館所蔵の自画像コレクションより約60作家を取り上げ、絵画作品も合わせ展示します。これらの作品に私たちは画家の人格までも垣間見ることができるでしょう。

春の水彩画展

17/4/20 - 17/7/18

海老原喜之助,宮崎精一,矢澤一翠の人物画から前畑省三のフランスシリーズの風景画, 藤田嗣治,中間冊夫の海の生き物まで幅広い作品を収蔵品の中から,26点展示。 春の陽気のような温かな雰囲気の展示室にぜ...