『藤田嗣治』の展示会情報

少女&人形

3/6 - 5/27

儚く、あどけない 眼差し――――― 人形の絵なのか、少女の絵なのか 巨匠たちが描く“少女”と“人形”の絵画をご覧下さい

特別展Collector’s exhibition「日本の巨匠」

3/16 - 5/6

平成から改元する今だからこそ、後世に残したい30人の巨匠をとりあげ、激動する美術界を支えた日本画・洋画英雄たちの個の輝きを紹介します。

藤田嗣治』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『藤田嗣治』の展示会情報

明治に生まれた作家たち3

18/10/26 - 19/3/26

三宅美術館収蔵作品の中から,明治時代に生まれた代表的な作家たちの作品を展示します。明治時代の勢いそのままに,海外からも多くを学び,多様な作品を残した作家たちの躍動ぶりをご覧ください。

没後50年 藤田嗣治 本のしごと その美しき本と愛しい挿絵たち

19/1/19 - 19/3/24

本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった...

東京都 八王子市東京富士美術館

「久万美 いま 30th」

18/9/8 - 18/12/16

今回の企画展は、第1部「井部コレクション」、第2部「久万コレクション」の2部構成です。 「第1部 井部コレクション」 2018年(平成30年)9月8日(土曜日)~10月31日(水曜日) ​「第2部 久万コレクション」 ​...

日仏友好160周年・没後50年 藤田嗣治と陽気な仲間たち

18/10/6 - 18/12/16

本展では、藤田を中心にエコール・ド・パリの画家や日本人画家の作品を4つの章に分けて展示します。

没後50年 藤田嗣治展

18/10/19 - 18/12/16

本展では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するのみならず、初来日となる作品や、従来あまり紹介されてこなかった作品も展示いたします。

京都府 京都市京都国立近代美術館

海外旅行記

18/9/5 - 18/12/10

花の都パリをはじめ、多くの画家たちが自分の求めた景色を探しに外国へと旅立ってゆきました。 イタリア、フランス、スイス等、彼らが見た外国の世界は、どのようなものだったのでしょうか。

岐阜県 岐阜市三甲美術館

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

18/6/23 - 18/10/30

本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年にフランスに移住してからの大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、藤田の幅広い制...

静岡県 長泉町ビュフェ美術館

没後50年 藤田嗣治展

18/7/31 - 18/10/8

藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作、初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も展示されるなど、見どころが満載の展覧会です。

東京都 台東区東京都美術館
1

1940's フジタ・トリビュート 1940's フジタ・トリビュート

18/7/28 - 18/8/15

75年を経て初めて、都美術館に作品として「帰って」くる《アッツ島玉砕》、そして1949年に離日してから初めて上野に「帰って」くる藤田を迎えるべく、本学にゆかりのある作家を核に、1940年代の藤田を考える機会...

東京都 台東区東京芸術大学美術館

没後50年藤田嗣治展

18/3/1 - 18/7/31

初期の風景画・水彩画から晩年多く描かれた子ども像まで、油彩画を中心とした山王美術館コレクション全28点を一挙に展示いたします。

大阪府 大阪市浪速区山王美術館