『アンドレ・ドラン(Andre Derain)』の展示会情報

洋画名品展

4/1 - 6/15

近代日本洋画の父黒田清輝から、「安井・梅原時代」と称され活躍した安井曽太郎、梅原龍三郎。フォービズムの現代作家中川紀元や林武、パリで活躍した藤田嗣治など日本人作家に、カリエール、ドラン、ブラックな...

アンドレ・ドラン(Andre Derain)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『アンドレ・ドラン(Andre Derain)』の展示会情報

芸術家たちの南仏

23/3/11 - 23/6/18

本展では、20世紀において芸術が展開した場としての南仏に注目し、その地で広がりをみせた交流や、表現あるいは技法について、国内の美術館などが所蔵する約30作家の作品と関連資料およそ150点を通してご紹介しま...

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

19/9/21 - 20/1/13

本展は同館が所蔵する 146点の絵画群のうち 13人の画家による約 70点が、21 年ぶりにまとまって来日する貴重な機会です。コレクションに秘められた物語とともに、世界中の人々に愛され続ける名品の数々をご堪能く...

館蔵品展 —近代絵画の名品—

15/5/16 - 15/6/7

日本とフランスの近代絵画  約20点

新印象派―光と色のドラマ

15/1/24 - 15/3/29

スーラの描いた静かで小さな点が、マティスのダイナミックで強い色彩の表現へ至るまでの変化の軌跡を、世界各国から集結する約100点でたどります。

衣装からみる絵画の魅力 ―ルノワール、ドラン、岸田劉生らを中心に―

13/12/13 - 14/3/16

近代の画家たちが描いた衣装の魅力に迫る。

開館30周年記念 「黒田清輝と館蔵の洋画展」

13/7/16 - 13/9/21

近代日本洋画の父、黒田清輝の没後90年を記念し、国内の黒田清輝や安井曽太郎、梅原龍三郎らの作品から、海外のピサロ、ロートレック、ドランなどの館蔵洋画の優品約30点を展示いたします。

[

[特別展] マリー・ローランサンとその時代展 〜巴里に魅せられた画家たち〜 <展示室2、3>

12/4/14 - 12/7/8

甘美な画風が有名なマリー・ローランサンの油彩作品を中心に、ユトリロ、ルオー、ヴラマンク、ドラン、藤田嗣治、佐伯祐三、荻須高徳、小磯良平ら、パリに魅せられた画家たちの芸術を展覧します。

「洋画名品展」

10/4/12 - 10/6/29

ピサロ、ロートレック、ドランや国内では黒田清輝、安井曽太郎、梅原龍三郎、林武ら館蔵洋画の優品約25点を展示いたします。

館蔵品展 フランスの近代美術

09/12/5 - 09/12/23

本展では、当館が所蔵する作品の中から、19世紀から20世紀にかけてのフランス近代美術を紹介します。

北川原コレクション展

09/9/19 - 09/12/20

ジョージ・グロス[1880-1954]やアンドレ・ドラン[1893-1959]などのヨーロッパの作家作品8点と海老原喜之助や鳥海青児など日本近現代の洋画家作品59点、総数67点を展示します。