『長谷川利行』の展示会情報

長谷川利行 展 ―生きることは絵を描くことに価するか―

11/13 - 12/24

本展では、近年再発見された《カフェ・パウリスタ》《水泳場》、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》、そして新発見の大作《白い背景の人物》など、話題作を含む約140点で長谷川利行の画業の全貌を紹介します。

長谷川利行』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『長谷川利行』の展示会情報

長谷川利行展

18/9/22 - 18/11/4

約20年ぶりの大回顧展となる本展では、新発見の大作《白い背景の人物》や、隅田川公園に建設されたプールを題材とした《水泳場》といった、油彩画のほか、水彩画やガラス絵など約140点の作品によって、長谷川利行...

福岡県 久留米市久留米市美術館

長谷川利行展 七色の東京

18/5/19 - 18/7/8

本展では、近年の再発見作《カフェ・パウリスタ》《水泳場》、約40年ぶりの公開となる《夏の遊園地》、そして新発見の大作《白い背景の人物》など、代表作を含む約140点で利行の芸術の全貌を紹介します。

東京都 府中市府中市美術館

長谷川利行展  藝術に生き、雑踏に死す─

18/3/24 - 18/4/22

新発見作品をふくむ代表作約140点により、長谷川利行の画業を紹介するこの展覧会は、ホームレス同然で果てた画家の生きざまを通して、「生きること」と「描くこと」の原点をもう一度見つめ直します。

福島県 福島市福島県立美術館
H

H29久万美コレクション展Ⅱ 『画家の「最期」と「最後」』

17/12/2 - 18/4/15

画家が「最期」に描いた作品ではなく、描かれた人物、モデルが「最期」を迎えているというケースも多くあります。 これらの作品には描かれた人物の生涯、運命、生死はもちろん、画家自身の死生観も内包されている...

コレクションによるテーマ展示女性像の魅力~上村松園、長谷川利行、藤田嗣治を中心に~

17/1/4 - 17/3/26

それぞれの画家たちが描き出した「女性像」の魅力を存分におたのしみください。

ガラス絵 幻惑の200年史

16/12/23 - 17/2/26

本展では海を渡って日本に伝えられた海外のガラス絵から、近代以降の多様な作品までの約130点によって、見るものを幻惑し続けるガラス絵の魅力と歴史を紹介します。

旅する絵画〜画家は旅の達人!〜

16/9/14 - 16/11/23

今回は「地図と名所」「西征」「富士山」「郷土」「風景を詠む」をキーワードに江戸時代から昭和初期の絵画や俳句・和歌、旅の道具・各地の茶碗など、合わせて55点をご紹介します。

昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 一九三〇年協会から独立へ

16/4/2 - 16/5/22

本展では2016年に「1930年協会」が創立から90年の節目を迎えるのを機に、昭和の洋画界に旋風を起こした二つの美術団体の活動に改めて注目し、一時代を築いた寵児たちの作品を一堂に集め紹介します。

久万美コレクション展Ⅲ「生(き)の線-紙上の命」

15/11/29 - 16/3/21

今回の特集展示では、近現代の洋画家たちが描いた素描・鉛筆画をコレクションの中から紹介します。