『高橋由一』の展示会情報

鎌倉別館40周年記念てあて・まもり・のこす 神奈川県立近代美術館の保存修復

5/18 - 7/28

本展では「てあて」「まもり」「のこす」の3つの言葉を手がかりに、作品の修復過程やそこで使う道具、作品を守りつつ展示するための工夫など、普段は見られない美術館の取り組みを紹介します。

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

4/20 - 6/16

本展では、高橋由一と黒田清輝を中心に、同時代の他の洋画家たちの作風も比較しながら、明治洋画壇で起きていた重要な世代交代劇を検証します。※一部展示替えあり

栃木県 宇都宮市栃木県立美術館

特別展皇居三の丸尚蔵館名品選「美が結ぶ皇室と香川」

4/20 - 5/26

皇居三の丸尚蔵館は、皇居内の東御苑内において、皇室に代々受け継がれた古代から近現代までの貴重な美術工芸品を約6,100件(約2万点)収蔵し、保存、研究、公開を行っています。本展は同館が収蔵する皇室ゆかり...

高橋由一』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『高橋由一』の展示会情報

絵筆がとらえる真実 レンズでさぐる世界 ─絵画と写真 表現の探求─

24/1/2 - 24/3/10

本展では彼ら写実の画家たちはじめ、アーティストによるオリジナルな表現の探求に着目します。

東京国立近代美術館70周年記念展重要文化財の秘密

23/3/17 - 23/5/14

重要文化財は保護の観点から貸出や公開が限られるため、本展はそれらをまとめて見ることのできる得がたい機会となります。これら第一級の作品を通して、日本の近代美術の魅力を再発見していただくことができるで...

リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと

23/2/11 - 23/4/2

本展では、これらの写実表現がどのように継承・再考されてきたのか、高橋由一の油彩画や松本喜三郎らの生人形を導入として、現代作家17名の絵画・彫刻作品から探ります。

福岡県 久留米市久留米市美術館

特別展「山水画と風景画のあいだ─真景図の近代」

22/8/20 - 22/10/16

本展では、18世紀末から20世紀初頭の日本の風景表現のうつり変わりを通して、日本人の風景を見る眼がいかに確立してきたのか、以下の3部に分けて展示します。

開館 50 年記念 パリ、東京、ニューヨーク モダンアートの軌跡

22/5/21 - 22/7/3

本展ではモネやルノワールによる印象派からエコール・ド・パリの寵児である藤田嗣治らを中心とするフランス絵画や、 近代洋画の先駆者である高橋由一から続く日本近現代洋画、そして、アメリカンアートのスター作...

日本の洋画130年 具象表現の栄光

22/4/23 - 22/6/19

笠間日動美術館コレクションから高橋由一、黒田清輝、藤島武二、青木繁、梅原龍三郎、岸田劉生など明治以降の洋画家の秀作を一堂に展示するとともに、笠間出身の画家・山下りんのイコンも、釧根のハリストス正教...

市制90周年記念 リアル(写実)のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと

22/4/9 - 22/6/5

本展は、松本喜三郎らの生人形、高橋由一の油彩画を導入部として、現代の絵画と彫刻における写実表現を検証するものです。西洋の文脈のみではとらえきれない日本の「写実」が如何なるものなのか、またどのように...

自身への眼差し―自画像展

22/1/7 - 22/2/20

本展では、笠間日動美術館が所蔵する明治から現代までの約100人の 自画像を紹介します。

45分で栃木一周

20/7/11 - 20/9/22

栃木ゆかりの芸術家たちが描く自然や歴史、人々の暮らしには、一見地味に見えながらも落ち着いて味わい深いこの地の魅力がぎっしりとつまっています。

写実絵画のいまむかし

19/5/25 - 19/7/28

それぞれの時代に画家たちが追い求めた「写実」の世界をご 覧いただければ幸いです。