『小林孝亘』の展示会情報

開館15周年記念展「生命の樹」

4/22 - 11/30

本展覧会では、現代においても繰り返し描かれている樹をテーマとした絵画を一堂にご覧いただきます。15名の作家たちが表現した樹木との対話を通して浮かび上がってくる現代人の姿、「いのち」のかたちをご体感く...

小林孝亘』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

関連リンク

過去の『小林孝亘』の展示会情報

GROUND α collaborative drawings - ぼくの土地にみんなで家を建てた

17/6/2 - 17/7/2

NADiff Galleryでは、画家の小林孝亘、額田宣彦、丸山直文、高橋信行、猪狩雅則による同人・GROUNDによる「GROUND α collaborative drawingsーぼくの土地にみんなで家を建てた」を開催いたします。

東京都 渋谷区NADiff

GROUND2 絵画を語る―見方を語る

16/5/23 - 16/8/10

GROUNDは小林孝亘、額田宣彦、丸山直文、高橋信行、猪狩雅則によって2014年に結成されました。 本展では、作家の新作を中心とした展示はもちろんのこと、シンポジウムもまた展覧会の核として開催いたします。 ...

版画工房の仕事 -板津石版画工房-

16/4/8 - 16/5/29

本展では世代や作風も異なる総勢35名以上の作家の様々な作品を通して、オリジナル作品として制作された石版画(リトグラフ)の魅力を感じてもらえればと考えます。

あなたのリアル、わたしのリアル。

14/6/20 - 14/7/21

当館が所蔵する〈リアル〉をめぐるさまざまな作品に触れながら、あなたの〈リアル〉をお探しください。

アイチのチカラ! 戦後愛知のアート、70年の歩み

13/11/29 - 14/2/2

戦後愛知画壇の幕開けから現在の愛知のアートまでを、当館のコレクションによって紹介します。

愛知県 名古屋市愛知県美術館

全館展示コレクション万華鏡西洋名画から無名画家の発見まで─美術館活動40年の成果

13/4/20 - 13/6/16

今回の展覧会では当館のコレクションを4つのテーマに分け、企画展示室、常設展示室の全てを使って展示します。通常のコレクション展示ではなかなかお見せできない作品も登場。さらに今回は近年再発見され、修復を...

M

MOTコレクション 私たちの90年:1923-2013 ふりかえりつつ、前へ

12/10/27 - 13/2/3

今回のMOTコレクションでは、現実世界に起こるさまざまな出来事にむけて意識を拡張し、それを積極的に自分のうちにとりこむことで作品を創り上げていった作家それぞれの営みに着目し、1923年から今日までの90年間...

R

Relation: 継がれるもの ─ 語りえぬもの

12/5/14 - 12/6/23

本展は、油絵学科の専任教員9名が、自分以外のほかの画家や彫刻家の作品を選び、その作品と自分の作品とを並べて展示します。ふたりの作家の作品による、それぞれのペア(組み合わせ)の間に生み出される創造的な...

呼びとめられたものの光

11/9/17 - 12/2/19

2010年に開催した「時の遊園地」展に続く日本の現代美術を紹介する企画展第2弾。現在活躍中の小林孝亘、冨井大裕、長谷川繁ら3作家の作品から「静物」をテーマに選んだ絵画・立体作品を合わせて約10点をご紹介し...

眼をとじて−“見ること”の現在

09/10/31 - 09/12/13

視覚の束縛をこえて、世界を「見ること」を追求した12人の近代、現代の作家を紹介します。