『丸木位里』の展示会情報

丸木位里・俊 原爆の図を読む

9/8 - 11/25

本展では《原爆の図》より、初期三部作に加え、《第4部 虹》、《第5部 少年少女》とともに、《原爆の図》の需要が高まる全国巡回展中につくられた初期三部作の「再制作版」を同時にご覧いただきます。

丸木位里』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『丸木位里』の展示会情報

開館45周年記念展 絵画と想像力 ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊

18/3/17 - 18/6/12

本展は、1950年代にフランスと日本で、戦争の記憶を描き、社会現象ともいえる反響を生み出したビュフェ、丸木位里・俊の交錯に注目します。本展が、絵画のもつ想像力を感じ取り、共有する場となれば幸いです。

開館25周年記念 香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治 -シベリアシリーズ・原爆の図・地図-

16/9/17 - 16/11/20

洋画、日本画、写真という異なる手法による、三様の戦争に対するまなざしを各人の傑出した表現でご鑑賞ください。

特別公開 原爆の図はふたつあるのか

16/3/19 - 16/6/18

丸木夫妻は、1950年末頃に米国で《原爆の図》を展示したいとの依頼を受け、作品が紛失したときのためにと、当時アトリエに寄宿していた濱田善秀や若い画家とともに三部作を「模写」(再制作)しました。

埼玉県 東松山市丸木美術館

没後20年丸木位里展

15/9/19 - 15/11/14

大画面の作品を中心に展示し、そのスケールの大きな絵画の魅力に迫ります。

埼玉県 東松山市丸木美術館

戦後日本美術の出発 1945-1955 -画家たちは「自由」をどう表現したか-

15/9/19 - 15/11/3

《原爆-ひろしまの図》公開修復

15/7/18 - 15/9/27

原爆-ひろしまの図の修復作業を一般に公開し、美術館の重要な役割の一つでありながら、普段はあまり目にすることのない作品の保存事業についてご紹介します。日程:7月18日(土)、7月19日(日)、8月8日(土)...

わが愛憎の画家たち ― 針生一郎と戦後美術

15/1/31 - 15/3/22

この展覧会では、主に1950~70年代に針生が関わった芸術運動や展覧会に焦点をあて、著書『わが愛憎の画家たち』などで論評した作家と作品を紹介し、ひとりの評論家の視線を通して戦後美術史を再読します。

戦争/美術 1940ー1950 モダニズムの連鎖と変容

13/7/6 - 13/10/14

本展は、戦前から戦後の時代を1940年代という時間の経過で捉え、これまで分断されてきた戦前、戦後の日本の美術史を新たな文脈でとらえ直そうという展覧会です。

【アート・アーチ・ひろしま2013】 ピース・ミーツ・アート!

13/7/20 - 13/10/14

「破壊と再生」、「対話」、「未来」などをキーワードに、パブロ・ピカソや岡本太郎、藤田嗣治、平山郁夫、内藤礼など、時代やジャンルを越えた様々な作家たちの作品を通して、美術と「平和」との関係を再考します。

ひっくりかえる展

12/4/1 - 12/7/29