『土田麦僊』の展示会情報

企画展 国立美術館巡回展・京都国立近代美術館所蔵品展京の美術 ─洋画、日本画、工芸

9/19 - 11/8

京都国立近代美術館の所蔵品から、選りすぐりの日本画、油彩画、工芸等約80点を展示。

土田麦僊』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『土田麦僊』の展示会情報

山中暦日 ささやかな日常のきらめき

20/7/18 - 20/9/6

さまざまな困難と向きあって暮らす日々の中で、現実の不安やストレスを少しだけ癒し、ゆったりとした時間を過ごしていただければと願い、富山県水墨美術館の収蔵作品を、4つのテーマから紹介します。

賛嘆 日本画家の素描

20/5/16 - 20/8/10

素描から完成作(本画)に到る道は、画家にとってなかなかに厳しいものです。対象との出会いの喜び、そしてスケッチの楽しさ、その素直な心持ちを賛嘆してください。

旅する風景

20/4/18 - 20/6/28

旅をしてさまざまな出会いをするように、風景の中に入り込んだり眺めたりしながら、日本画の旅をお楽しみください。

日本の美 花鳥図の名品展

19/4/8 - 19/6/22

日本人は花を愛で、自然を愛し、四季の移ろいを身近に感じ暮らしてきました。花咲き誇るこの季節は小林古径、速水御舟、土田麦僊、徳岡神泉らの花鳥画の名品と、花や鳥の文様の工芸品約53点を展示し日本の美を堪...

四季の彩り─季節をめぐる表現

19/4/13 - 19/6/16

本展覧会では収蔵作品のなかから季節の表現に注目し、作品のなかの季節がどのように表わされているかをご紹介します。また、あわせてこれまでに新しく収蔵された作品も展示します。

創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

19/1/4 - 19/2/17

このたびの記念展では、土田麦僊、小野竹喬、村上華岳、野長瀬晩花、榊原紫峰、そして第1回国展後に会員となった入江波光を含めた主要6作家の作品をはじめ、国展に入選したことで注目され、画家としての歩みをは...

新春展   小品画の魅力 -暮らしを彩る日本画-

19/1/5 - 19/2/3

新春展では、毎年春季に開催する日本画の企画展で出品する機会の少ない小品画にスポットを当ててみました。

特別展 創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

18/11/3 - 18/12/16

重要文化財の村上華岳《日高河清姫図》をはじめとし、現存が確認される国展出品作を中心とした約90点により、近代絵画史に名を残す国画創作協会の全貌を紹介いたします。

国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

18/6/1 - 18/8/30

本展では、花鳥画家・榊原紫峰の作品を中心に、麦僊、華岳、竹喬、第1回展後に会員となった入江波光の作品を、国展結成前から解散後へと時代を追ってご紹介します。日本画の革新に取り組んだ画家たちの作品をお楽...

京の美人画100年の系譜

18/4/21 - 18/6/3

本展では京都市美術館所蔵の日本画から精選した、上村松園《人生の花》、土田麦僊《平牀》、前田青邨《観画》、菊池契月《南波照間》など約70点の名品を通して、明治・大正・昭和にいたる女性像のさまざまな表現...