『ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)』の展示会情報

現在開催中の情報はありません。

ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)』の展示会情報

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

17/9/23 - 17/11/12

19世紀のイギリスやフランスで活躍した画家たちが制作した約70点を超える作品を展観し、英仏間の交流を中心としたヨーロッパの近代絵画の変遷を辿ります。

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

17/6/7 - 17/7/23

近代英国風景画の双璧を成すターナー、コンスタブルをはじめ、写実主義のミレーやクールベ、印象派のモネ、ルノワール、ラファエル前派のロセッティら、美術史に輝くスターたちの個性きらめく名品が一堂に会します。

英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

17/4/1 - 17/5/28

英国を代表する風景画家ターナーをはじめ、ミレーやクールベなど写実主義の画家、モネや印象派の巨匠の作品等を通じて、絵画史の流れをたどります。

デトロイト美術館

16/10/17 - 17/1/21

危機を乗り越え、今なお美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの全52点をご紹介します。

女性を描く~クールベ、ルノワールからマティスまで~

16/10/29 - 16/12/25

激動の時代のフランスで描かれた女性像を、フランスの美術館所蔵作品を中心に、代表的な47作家による約60点にてご紹介します。フランス絵画が輝きを放った一時代の名品の数々を、ぜひお楽しみください。

ポーラ美術館コレクション展モネからピカソ、シャガールへ

16/7/2 - 16/8/28

本展は、コロー、クールベに始まり、ルノワール、モネ、ピサロ、シスレーら印象派の画家へと続きます。

美と装い  新収蔵品とともに

16/1/2 - 16/2/14

昨年度の新収蔵品を展示するこのたびの館蔵品展では「美と装(よそお)い」をテーマに、美人画や女性像などの人物画を中心とした日本画や油彩画他約50点を紹介します。

印象派の故郷 ノルマンディー展〜近代風景のはじまり〜

15/6/27 - 15/8/23

本展では、国内外所蔵の絵画や写真約100点により、主に19世紀初頭から20世紀中頃までの、ノルマンディーにおける風景表現の展開をご紹介いたします。

印象派のふるさと ノルマンディー展

15/4/18 - 15/6/21

画家たちの創造の軌跡を辿りながら、ノルマンディー地方がもたらした芸術の豊穣なる薫りを探訪します。

印象派の故郷 ノルマンディー展 -近代風景画のはじまり-

15/2/28 - 15/4/12

1820年代から1920年頃までのフランス風景画の展開における、ノルマンディーの役割を紹介します。