『河原温』の展示会情報

言語と美術─平出隆と美術家たち

10/6 - 1/14

本展は、平出隆によって立てられたこれまでにない観点から、「言語」と「美術」が鋭く交差するところに生まれる「対話」の多様な形態に注目し、DIC川村記念美術館の収集作家を含む美術家たちについて、作品に関わ...

河原温』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『河原温』の展示会情報

2015-Ⅰ 記録(ドキュメント)というカタチ

15/2/28 - 15/5/31

本展では写真、映像、インスタレーションをはじめとした様々な表現メディアで、「記録」が美術表現としてどのようなカタチを得ていくかを探求していきます。

カルペ・ディエム 花として今日を生きる

12/6/30 - 12/9/23

展覧会では、花をモティーフにした現代作家12名の絵画、写真、映像、インスタレーションなどを紹介するとともに、12名の作品に先立ち、花摘みの物語や生と死の図像を現代に伝える16世紀の版画や、ウィリアム・モ...

ハートビート展 時代にキスして アイ・ラブ・アート11

11/1/22 - 11/4/17

私たちのハートビートが聴こえる。―――時代にキスして。アイ・ラブ・アート11は、ワタリウム美術館の現代美術コレクションより14人のアーティストの作品に、特別出品として坂本龍一氏の音楽を交え、「ハートビート...

2

2010-? 「メモリー/メモリアル 65年目の夏に」

10/7/19 - 10/11/7

本展は3つの視点から構成されています。原爆の記憶を描いた<1945年、夏の記憶と記録>、ドーム、太田川といった広島の街、風景を表象するモチーフを通じた表現を取り上げる<広島の街、風景の記憶と描写>、可視...

「版」の誘惑展

08/7/5 - 08/9/28

「版」とは、古来から「字を刻んだ印刷用の板」「印刷の原版」を意味しています。この「版」を使って制作された絵画として、一般的には版画が知られていますが、版画には「版」に使用している材料によって、木版...