『横山操』の展示会情報

日本の山海

2/27 - 6/2

本展では清次郎が自然に見出した美しさにも、志賀の影響があるのではないかという仮説のもと、日本の画家による絵画作品から日本の山と海を描いた作品を志賀の流麗な文章とともに紹介します。日本人が描く日本の...

横山操』のレビュー(レポ・口コミ) 0

レビュー(レポートや口コミ)・コメント募集中です!お気軽にご投稿ください
さん 投稿規約

作品検索 by Google

Googleで作品を検索する

過去の『横山操』の展示会情報

フジヤマミュージアム名品展 (後期)

23/9/14 - 23/11/26

この後期ではコレクションを代表する横山大観《蓬莱神山》、林武《赤富士》、小倉遊亀《霽れゆく》、東山魁夷《朝爽》、横山操《雪富士》、牛島憲之《赤い富士》、作宮杏奈《ユートピア》を初めとした人気の高い...

開館40周年記念 油井コレクションとその時代[後期]油井一二コレクションから佐久市立近代美術館へ

23/9/16 - 23/11/5

後期は、これらの油井コレクションの特徴的な作品をご覧いただきます。併せて、平山郁夫など著名作家の晩年の作品も展示します。

生誕100年記念 日本画家 横山操展

21/1/23 - 21/3/21

本展では、戦前に川端画学校で勉強し制作した青龍展入選作の《渡船場》や戦後の青龍展での出品作に加え、これまでの「横山操展」では公開されることの少なかった小品や素描により、豪放でありながらも繊細な画風...

新潟県 新潟市新津市美術館

富士山展

20/12/1 - 21/3/1

本展覧会では、当館所蔵の作品より富士山を描いた作品を展示致します。 画家たちが自分達なりに受け止め、描いてきた富士山絵を心ゆくまでお楽しみください。

岐阜県 岐阜市三甲美術館

開館10周年特別企画展「―新しい日本画を作った人たち―新五星山展」

19/10/13 - 19/11/17

横山大観・山口蓬春・杉山寧・横山操・大山忠作の五人の巨星が紡ぎだす新五星山。 変わりゆく時代、変わらない煌きと伝説ふたたび。

横山操展~アトリエより~

18/8/4 - 18/10/14

今まで未陳であった作品など、開館記念展とはまた異なる操の横顔を見せられるのではないかと企画した次第です。一見小品が主体ながら、そこにもまぎれもない横山操の姿があります。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

ターニングポイント!ー人生、それぞれの”時”

18/5/19 - 18/6/24

美術家の人生におけるさまざまな転機に着目し、関連する作品とともに創作の推移をたどります。本年は当館の開館15年という時の節目にあたります。そこから、「15歳のバンビ」と題す特集展示を併設し、当館のこれ...

雪を描く

17/12/13 - 18/3/5

本展では、所蔵品の中から雪景色が描かれた作品を紹介いたします。10人の作家が描くそれぞれの“雪”をお楽しみ下さい。

出逢いのコレクション展 ~個人コレクターの愉しみ~

17/10/6 - 17/11/30

今回、ある個人コレクターのご協力をいただき、そのコレクションから日本画・洋画・版画や人形などえりすぐりの作品を約50点展覧いたします。ご自宅にうかがった気分でコレクションを覗いてみませんか?きっと新...

佐久市立近代美術館の名作 日本画、新しき風にのせて

16/7/23 - 16/9/4

激動の戦後を生きた日本画家たちの創造と模索の軌跡、そして若き画家たちが21世紀に向って切り拓いている新しい表現の数々を、佐久市立近代美術館の名作約60点により紹介します。

輝く女性vol.1 収蔵作品 女性を描く展

16/4/2 - 16/5/22

古くから、画家たちの題材として描かれてきた女性。 本展では収蔵品の中より、女性をモチーフにした作品展を開催します。

春の所蔵品展 特集:平成27年度新収蔵品

16/3/23 - 16/5/15

平成27年度に新たに収蔵した、横山操の日本画《暁桜島》や谷口午二(たにぐちごじ)の水彩画《湯田玉の湯にて》を初公開いたします。

鹿児島県 鹿児島市鹿児島市立美術館

コレクションによるテーマ展示「花と富士」Mコレクション日本画とともに

15/1/4 - 15/3/29

それぞれの作品の魅力を堪能し、清々しい気持ちで新年を迎えていただければ幸いです。

「富士の彩り」

14/7/19 - 14/11/16

今回の展示では、富士を彩る〈色〉に注目して、画家の目を通して見えた富士の色を楽しんでいただきたいと思います。

企画展2「旧BSN新潟美術館所蔵品展」

14/6/21 - 14/9/15

本展では、旧BSN新潟美術館が蒐集した貴重な美術作品の中から、日本画、洋画、書跡、工芸 作品を展示し、新潟の人々に愛されてきた作品の数々をご紹介します。(前期:6月21日~7月21日 /後期:7月23日~9月15日

挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち

14/7/5 - 14/8/24

新しい日本画の創造に静かに熱く取り組んだ画家たちの1950年代から1970年代の「現代の日本画」の代表作を集成する展覧会。

江南区の隠れた名品展 日本画家・横山操小品展

14/1/25 - 14/3/23

江南区内の学校や公共施設などが所蔵する美術品を調査して、その中から隠れた名品をご紹介します。

新潟県 新潟市新津市美術館

フジヤマミュージアム名品展

13/7/2 - 13/10/27

当館が「富士」と共に歩んだ10年を振り返り、安田靫彦「曙富士」、小倉遊亀「霽れゆく」、横山操「雪富士」、林武「赤富士」、和田英作「紅富士」、千住博「流星」等、人気の高い館蔵作品約80点に、新たに加山又...

<ふるさと知事ネットワーク美術館交流展>現代日本画の革新者たち−福井県立美術館コレクションによる−

13/8/17 - 13/10/6

現代日本画の革新的な表現を中心に展示・紹介いたします。

富士山世界文化遺産登録記念企画 描かれた富士

13/7/26 - 13/8/20

葛飾北斎(かつしかほくさい)や横山大観(よこやまたいかん)をはじめ、中世から近現代までの多くの先人たちによって描かれた富士の多彩な美術を展観いたします。

夏休み企画 美術館で旅行!ー東海道からパリまでー

12/7/28 - 12/9/23

本展では、「美術館で旅行!」をキーワードに、広重の東海道五拾三次をはじめとする日本各地の風景や旅する人々、横山大観の中国、速水御舟のエジプト、佐伯祐三や結城素明のパリ、平山郁夫のシルクロードなど異...

特別展 平木コレクションより 浮世絵に見る富士山

12/7/11 - 12/9/2

本展は、富士山の世界文化遺産への登録の気運が高まる今、この浮世絵を初めとして近現代に至る富士山の描かれた作品を展示して、日本人なるが故に当然のように感じていた富士山の文化的・芸術的価値をもう一度確...

水野コレクション 山への憧憬

11/12/3 - 12/2/26

今回のコレクション展は、中国の神仙思想を根底にもつ「山水画」から、均整のとれた美しい姿で日本のシンボルとなっている「富士山」を描いた作品など、「山」をテーマに作品を紹介します。

富士をめぐる四季

11/12/3 - 12/2/26

本展では、季節の移ろいと共に様々な表情を見せる春夏秋冬の富士の姿をご紹介します。富士を覆う雪、取り巻く雲、寄り添う花々。それぞれの季節ならではの富士の美しさを描いた画家たちの秀作を存分にお楽しみ下...

桜島百景

12/1/2 - 12/2/5

本展では、これまで多くの画家によって描かれた桜島の名品を、一堂に紹介いたします。

美しき日本の原風景

11/6/11 - 11/7/24

本展では、のどかな田植えの様子を描いた玉堂の《早乙女》、失われゆく京都の姿を描きとめた魁夷の京洛四季の連作、東北地方の雄大な自然の移り変わりを描いた元宋の《奥入瀬(春)》などのほか、故郷・新潟の風...

県内コレクターによる 秘蔵の日本画名品展

11/4/23 - 11/6/5

本展覧会は、駒形十吉記念美術館(長岡市)と大山治郎コレクション美術館(燕市)の所蔵品を中心に、県内の企業・個人収集家、および当館のコレクションから、明治期〜戦後までの「近代日本画」の名品をご紹介す...

スーパーコレクション展 〜新潟市美術館25年の歩みから〜

11/4/16 - 11/5/29

本展覧会は、「近代の美術」「阿部展也の絵画世界」「現代の美術」「新潟ゆかりの先達たち」の四部で構成します。

日本画革新の時代 〜狩野芳崖から横山操まで〜

10/9/3 - 10/9/29

ポーラ美術館の日本画 杉山寧 晩年の大作《洸》を中心に

10/6/11 - 10/9/5

ポーラ美術館初の日本画展となる本展覧会では、収蔵作品の中から約120点を1期・2期に分け、当館の日本画コレクションを総覧いただきます。なかでも43点を数える杉山寧(1909-1993)の絵画コレクションは日本最大級...

大きさの魅力―絵画・彫刻・インスタレーション

10/3/13 - 10/5/5

今回は、当館のコレクションのなかから、単純にその大きさを基準にして作品を33点選定し、4つの展示室の空間をたっぷり使って展示しました。

日本画のモダニズムと現代 /自然、感動、躍動

09/12/19 - 10/3/7

本展覧会では、大正から昭和そして戦後へとめまぐるしく移り変わる時代に生きた個性派の作家たちが、光彩を放ちながら活気を取り戻していった日本画の軌跡を辿ろうとするものです。

’文化’資源としての炭鉱展

09/11/4 - 09/12/27

「part.1-<ヤマ>の美術・写真・グラフィック」は、油彩、日本画、水彩、版画、彫刻、素描、写真、ポスターなどグラフィックで構成されます。「Part.2-川俣正コールマイン・プロジェクト〜筑豊、空知ルールでの...

豊かな日本画の世界

09/3/14 - 09/4/8

富山県立近代美術館の日本画作品を中心に、富山県水墨美術館の所蔵作品をあわせ、風景、花鳥、人物など、描かれたテーマに着目し、画家の視点とその多彩な表現を紹介します。

冬の所蔵作品展

08/12/10 - 09/2/22

日本画横山大観《初夏竹林》《勅題田家朝》上村松園《汐くみの図》前田青邨《風神雷神》川端龍子《彩麟》東山魁夷《静宵》杉山 寧《薫》横山 操《冬富士》加山又造《日輪》《白い道》《飛ぶ黒い鳥》《着物》平...

彩発見!新潟の日本画

08/10/25 - 09/1/15

新潟出身の日本画家といえば、まず小林古径、土田麦僊、横山操の名が挙がります。この他にも初期文展・帝展で活躍した尾竹三兄弟、新興大和絵の岩田正巳、京都画壇の三輪晁勢、新潟の風土をテーマにした小島丹漾...

西

西洋の美 東洋の美 ―ピカソ、ロートレックから東山魁夷まで―富山県立近代美術館・富山県水墨美術館名品展 

08/10/25 - 08/12/14

ピカソやロートレックといった近代美術の巨匠から始まって、シュルレアリスムやアメリカのポップ・アート、近頃流行の椅子のデザインまで、20世紀美術の流れがダイジェストに鑑賞できる展覧会が、今秋長岡にやっ...